猫に『安心感』を与える飼い主の行動5つ!不安にさせないために注意すべきことは?

猫に『安心感』を与える飼い主の行動5つ!不安にさせないために注意すべきことは?

猫に安心感を与える飼い主さんはよい飼い主さんといわれるでしょう。ストレスがなければ、猫は伸び伸びと楽しく暮らせるからです。不安にさせないためにも安心感を与える行動は大切です。それでは早速、チェックしていきましょう。

1267view

1.適切なスキンシップ

じゃれる

猫は飼い主さんとのスキンシップを好みますが、やりすぎたりやらなさすぎたりするのはよくありません。適切なスキンシップが愛猫の安心感につながります。

まず猫にその気がないとき、無理やり構おうとしても徒労に終わるでしょう。なぜなら嫌がってどこかへ行ってしまうでしょうから。

猫とのスキンシップはリラックスタイム中や猫の方から構って欲しいアピールしてきたときにしましょう。途中で満足して、突然「もうやめて!」攻撃してくる場合もあります。嫌がるそぶりを見せたらすぐに止めるのがベストです。

2.高い声

抱っこされた猫

高い声は猫好みです。子猫のようなかわいい存在を思い出させるからでしょう。

逆に低い声は、猫を襲う捕食動物を思い起こさせてしまうため、好まれません。男性よりも女性の方が猫に好まれるのはこのためです。

猫と接するときはなるべく声を高く保つと、安心してもらえます。心がけてみてください。

3.落ち着いた動作

膝の上の猫

猫は予想ができない動きや急激な動きを苦手とします。ですから子供のそばに近づくのを避ける傾向が。

一方で高齢者の落ち着いた動作に安心感を覚えるようです。ゆっくりとした動きは、猫を驚かすことはありません。落ち着いた動作で、愛猫を安心させてあげましょう。

4.清潔にする

掃除

猫はとてもキレイ好きな生き物。自分の体をしょっちゅうペロペロして、清潔を保ちます。トイレにこだわりがある場合も。

排泄物が片付けられていない汚いトイレでは、嫌がられてしまうでしょう。部屋の中はもちろん、トイレにも気をつけてあげてください。

5.猫のペースに合わせる

寝そべる猫

猫には猫のペースがあります。自分の思うように動きたい生き物なのです。そのため、ペースを乱されるのを嫌がります。飼い主さんに従わせるより、猫のペースに合わせてあげた方が安心するでしょう。

無理やり何かをさせることのないよう、気をつけてください。ストレスになると体調に響くことがあります。とても繊細なので、気をつけてあげましょう。

まとめ

クータくん

猫に安心してもらうには、猫のことをよく知り対応していくことが大切です。その猫それぞれの個性もあるでしょう。飼い主さんが一番理解してあげてください。

安心できれば猫は、リラックスして無防備なかわいい姿を見せてくれます。ゆったりと、猫と楽しい時間を過ごしましょう!それが猫と暮らす醍醐味でもあります。

せっかくの猫との生活、安心してもらってお互い思う存分楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク