猫が『そばにいたいニャ♡』と思っているときにする行動5つ

猫が『そばにいたいニャ♡』と思っているときにする行動5つ

猫にも色々な感情があります。特に飼い主さんに対する気持ちは強いのではないでしょうか。そばにいたいと思っているとき、分かりやすい行動をする場合があります。チェックしていきましょう。

2027view

1.近くに座る

そばに座る猫

気がついたらひそかに飼い主さんの近くに座っていることはありませんか?「そばにいたい」と思う気持ちが態度に現れたのでしょう。つかず離れずの距離で座る猫、かわいいですね。

控えめな性格の猫なのかもしれません。でも飼い主さんの近くにいたいと思っていることは確かですので、そのままいさせてあげましょう。きっと満足してくれています!

2.くっついてくる

飼い主さんにくっつく猫

甘えん坊な猫がしがちなのが、飼い主さんにくっつく行為です。ドカッと身を投げ出す場合もあれば、そっと体をよせる場合もあります。くっついていると安心するのでしょう。

子猫気分で飼い主さんを母猫とみなし、甘えているのかもしれません。猫にくっつかれると嬉しいとともに、動けなくて困る場合もあります。くっつき攻撃は適度に、かわしていきましょう。

3.布団に入ってくる

寝る猫

飼い主さんが寝ている布団にゴソゴソ入ってくる愛猫…。一体何を考えているのでしょうか?飼い主さんの布団に猫が入るときは、寒いときもあればそばにいたいと思っている場合もあるようです。

いくつか理由がありますので、愛猫に聞いてみてください。というのは冗談ですが、至近距離に近づくため、信頼しているのは確かです。暖を取りたいの半分、そばにいたい気持ち半分なのかもしれません。

4.じっと見る

見つめる猫

飼い主さんに何か訴えたいことがあるときや愛情を伝えたいとき、猫はじっと見てきます。「大好きにゃ!そばにいたいにゃ」と思って見つめている場合もあるでしょう。

猫にとって見つめるという仕草はある意味危険な行為でもあるのです。なぜなら、野生下では相手に喧嘩を売っている意味になってしまうから。それをあえて行うのは、そこに信頼があるからに他ありません。

5.どかない

膝の上の猫

膝に座ったり、飼い主さんの目の前に座ったりしてどこうとしないとき「そばにいたいにゃ!」と思っているのでしょう。これはわかりやすいサインです。どかそうとしてもどこうとしなければ、よほど意思が固いのです。

そこまでして飼い主さんのそばにいたいのは、なぜなのでしょう。落ち着く、安心する、飼い主さんを守っているなど様々な理由が考えられます。

まとめ

まるるちゃん

あんなにかわいい猫が「そばにいたい」と思ってくれたらこんなに嬉しいことはありません。そう思ってもらえるよう、日々努めていきたいですね。猫が安心して一緒にいられるよう、色々と整えていきましょう!

スポンサーリンク