猫が『飼い主を呼ぶとき』にする5つの行動

猫が『飼い主を呼ぶとき』にする5つの行動

言葉を話せない猫は、全身を使って飼い主さんに気持ちを伝えています。飼い主さんが猫の名前を呼ぶように、猫も飼い主さんを呼ぶことがあります。そんなとき、いったい猫はどのような行動をするのでしょうか?

4869view

1.鳴く

鳴いている猫

まず挙げられるのは、声に出して鳴くことでしょう。

「ニャーーーン」と長めに鳴くときは、「遊んでほしい」「お腹が空いた」など、要望があるときに、鳴いて飼い主さんに訴えているのです。

「構ってほしい」という気持ちの表れでもありますので、優しく声を掛けてあげましょうね。

2.スリスリする

スリスリする猫

声は出さずとも、飼い主さんにスリスリと擦り寄ることがありますよね。

飼い主さんが忙しく、構ってもらえないときに気を引こうとして、このような行動をします。

自分を見てくれない飼い主さんに、「こっちを見て!」という意思表示なのでしょうね。

3.後をついてくる

歩いている猫

ふと気づくと、後をついてきていることはありませんか?

遊んでほしい、構ってほしいなど要求があり、飼い主さんを呼んでいるのです。

忙しくても短時間で良いので、撫でてあげたり、遊んであげましょうね。

4.じっと見つめる

見つめる猫

背後に視線を感じると思ったら、お座りをして、じっと見つめていることがありますよね。

声を出すこともなく、健気な仕草ですよね。
飼い主さんをじっと見つめ、自分の気持ちを伝えたいのでしょう。

猫が飼い主さんを呼ぶときにする行動の1つです。

5.邪魔をする

甘える猫

飼い主さんがパソコンで作業しているとき、テレビを観ているときなど、何かに集中しているときに目の前に立ちはだかり邪魔をすることがありますよね。

「困ったなぁ」と思いながらも、憎めない飼い主さんも多いでしょう。

わざと邪魔をして、飼い主さんの気を引こうとしているのです。

まとめ

見上げる猫

いかがでしたか?猫が「飼い主さんを呼ぶ」ときの行動をまとめてみました。

どれも何とも可愛らしい行動で、猫の魅力の1つと言えるでしょう。

愛する猫が幸せに過ごせるよう、気持ちをしっかりと読み取ってあげて下さいね!

スポンサーリンク