猫が人の言葉を理解しているときに見せる仕草5つ

猫が人の言葉を理解しているときに見せる仕草5つ

猫は人の言葉を理解できるのでしょうか?猫飼いさんなら口を揃えて「間違いなく分かってる!」とおっしゃるでしょう。猫が人の言葉を理解したとき、見せる仕草があります。早速チェックしていきましょう。

3342view

1.返事をする

ここにいるにゃ

飼い主さんの呼びかけに対して返事をするときは、言っていることが分かっているのでしょう。名前を呼んだときに鳴いたり、何かしらの反応をしたりします。

猫は自分の名前を理解しているとある研究で分かっています。名前以外にもよく聞くご飯やダメなどの言葉も分かっているようです。

言葉を発している飼い主さんの様子で、それがポジティブななものかネガティブなものかも理解できているのだとか。意外と多くの言葉の意味を受け止めているのかもしれません。

2.近寄ってくる

近寄って来る猫

「ご飯」や「おいで」などを理解している猫は多いでしょう。そのような言葉を飼い主さんが発したとき、近寄ってくるという仕草を見せます。

ご飯ならば当然食べたいですし、「おいで」は飼い主さんに呼ばれているのが分かっているのでしょう。自分にとってメリットがある言葉は、聞き逃さないと思われます。

せっかく美味しい思いができるのに、それをみすみす逃してしまっては残念です。耳のよい猫ですから、きっと遠くで飼い主さんが言っていても聞いて即座にかけよってくるでしょう。

3.無視する

聞こえてないフリ

飼い主さんが言っている言葉が分かっていて、あえて無視する場合もあるようです。確信犯というやつですね。

「面倒くさいにゃ〜」「今はそんな気分じゃないにゃ」などと思っているときは、聞こえないフリをすることも。また、やりたいのに注意される場合も聞こえていないように演じるようです。

飼い主さんのいうことは分かっているけれど、自分の意にそぐわないことは聞かないという器用さを持ち合わせているのです。猫らしいといえば猫らしいですね!

4.じっと見る

じっと見る猫

愛猫に「かわいい」「大好きだよ」など話しかけることはありませんか?人生相談をしたり思っていることを話したりする飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

そんなとき愛猫は、じっと飼い主さんの顔を見つめます。話の内容を全て理解しているとは限りませんが、聞いてくれているのです。

特にかわいいなどの愛のこもった言葉は心地よいのでしょう。ナデナデと一緒に優しい言葉をかけてあげると、猫に愛が伝わりやすいです。

5.態度が変わる

愛想笑い

それまでものすごい勢いで怒っていたのに「ちゅーる」と聞いたとたんに態度が変わる場合があります。これはその言葉を理解している仕草以外の何物でもないでしょう。

「ちゅーる」と聞くと「あの美味しい大好きな食べ物だ!」と分かるわけです。猫の大好物であれば、その言葉を飼い主さんが口にしただけで目を輝かせるでしょう。

まとめ

ささみくん

猫が人の言葉をどこまで分かっているのか。それはまだ謎に包まれています。全部分かっているという人もいますが…。

今のところ科学的にはある程度の単語を理解していると分かっていますが、言葉にまつわる猫の不思議な話もたくさんあります。いつか愛猫と言葉でコミュニケーションできる日が来るのでしょうか?

それはそれで楽しみのような、今のままがよいようなフクザツな心境になりますね!

スポンサーリンク