『身勝手な猫の飼い主』がよくするNG行動5つ!猫の精神不安やストレスに繋がるかも?

『身勝手な猫の飼い主』がよくするNG行動5つ!猫の精神不安やストレスに繋がるかも?

世の中には色々な飼い主さんがいます。ほとんどの飼い主さんが猫を可愛がっていらっしゃいますが…。中には身勝手な行動をしてしまう飼い主さんもいるのです。それが猫の精神的な不安やストレスを引き起こすかもしれません。

1455view

1.手放す

野良猫

身勝手に猫を手放す人は多くいます。保健所に持ち込まれる猫の一部は、飼い主さんからです。病気になったから、引っ越すから、懐かないからなど様々な理由で持ち込まれます。

どんな理由であっても、猫からすれば人の都合でしかありません。猫自身何も悪いことはしていないのに勝手に保健所に連れていかれ、そして最悪の場合殺処分されてしまうのです。

2.ネグレクト

寂しそうな猫

ネグレクトとは、猫の世話を怠る行為です。ご飯や飲み水、トイレ掃除などを十分しないで劣悪な環境におくと、悪い影響があるのは想像に難くありません。猫はキレイ好きな動物です。

トイレが汚ければ抗議として家の中に粗相するかもしれませんし、排泄を我慢して病気になるかもしれません。ご飯や飲み水が十分なければ、健康ではいられないでしょう。猫が心身ともに異常をきたすのは時間の問題です。

3.外に出す

外に出された猫

窓から外をじっと眺めているから、外に出たいのだと思って出した。というのはNGです。猫を家の外に出すのは危険な行動。

事故にあう可能性がありますし、野良猫と間違われて連れていかれてしまうかもしれません。その他にも喧嘩や迷子なども考えられます。一旦外に出したら必ず帰ってくるとはいえないのです。

そして外出が当たり前になってしまうと、今度は出さないほうがストレスになってしまいます。その度に、愛猫の命を脅かすリスクが高まっていくのです。

4.不妊手術をしない

2匹の猫

オス猫とメス猫がいたら、必ず不妊手術をしなければいけません。猫の繁殖力はとても強く、あっという間に数が増えてしまうからです。生まれた子猫全てを問題なく飼えるならよいですが、大抵は多頭飼育崩壊を引き起こします。

そうなると人も猫も確実に不幸になってしまうのです。最初の2匹の不妊手術をしてさえいれば防げた悲劇。多頭飼育崩壊は猫のストレスになるだけでなく、病気の蔓延や共食いなどの原因にもなります。

猫1匹だけを飼う場合でも、必ず不妊手術はしておきましょう。いつ脱走して外で繁殖してしまうか分かりません。

5.医療を受けさせない

寝そべる猫

愛猫に必要な医療を受けさせない飼い主さんも多くいます。治療すれば治るのに、お金をかけられないという理由で応急処理だけで帰ってしまう例は少なくないのだとか。猫はその後苦しみ、亡くなることさえあります。

猫の治療は人間のように公的保険がないため、全て実費です。ときに高額となる場合もあります。その事実を知らないと、いざというときに尻込みしてしまうのでしょう。

本来ならば猫を飼う前に覚悟しておかなければいけません。それができないのなら、飼うべきではないでしょう。言葉を発しないとは言え、病気やケガなどで苦しむのは人と同じなのです。

飼い主さんに見捨てられ、苦痛の中で亡くなっていくなんて、あまりにも悲しすぎます。治療が受けられたら苦しまずに元気でいられたかもしれないのです。

まとめ

上を向く猫

いくら猫を大事にしていてもその全てを理解できているとは言えず、ときに身勝手な扱いをしてしまうかもしれません。ですがご紹介した5つの行動はあまりにひどすぎます。

せっかくご縁のあった愛猫を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク