猫に『絶対使っちゃダメ』な人間用アイテム3選

猫に『絶対使っちゃダメ』な人間用アイテム3選

「猫は家族同然」と思う飼い主さんも多いでしょう。だからと言って、猫に使うアイテムを人間用で済ませていませんか?人間には安全でも、猫にとっては危険なアイテムがあります。今回は、猫に使ってはいけない人間用アイテムをご紹介します。

3327view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.シャンプー

シャンプーと猫

私たち人間がシャンプーをする目的は、余分な皮脂を洗い流し、頭皮を清潔に保つためです。

洗ったあとはスッキリし、気持ちが良いですよね。これは、高い洗浄成分と香りをつけるための香料がたくさん配合されているからです。

しかし、これらは猫にとっては必要のない成分であり、人間よりも皮膚がデリケートな猫には刺激が強すぎるのです。

皮膚炎を起こしたり、痒くて掻きむしった結果、脱毛してしまう可能性があります。

猫専用のシャンプーは、猫が毛繕いで被毛を舐めても安全な成分で作られています。人間用のシャンプーは使用せず、猫専用のシャンプーを使ってあげて下さいね。

2.薬

薬を覗き込む猫

猫が体調を悪そうにしていると、飼い主さんとしては、居ても立ってもいられないですよね。

そんなとき、病院へ連れて行く前の応急措置として、人間の薬を飲ませても良いと思うかもしれません。

しかし、自己判断で人間用の薬を猫に飲ませるのは、絶対にいけません。

人間用の薬は、人間の体への安全性が基準となっており、猫に飲ませることは想定していないからです。

また、人間と猫では吸収や代謝、排泄の仕組みが大きく異なります。そのため、うまく排泄されずに体内に蓄積されると、中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

猫に人間用の薬を飲ませるのは絶対にやめましょうね。

3.洗剤

食器を洗う人

猫が直接口をつける食器は、清潔に保ちたいですよね。だからと言って、人間用の洗剤でゴシゴシと洗っていませんか?

人間用の洗剤には、猫にとって有害な化学物質がたくさん含まれています。

水でよくすすいだつもりでも、洗剤が食器に付着している可能性があります。食器の底までペロペロと舐める猫の体には有害物質が蓄積されることになるのです。

また、猫は柑橘系の匂いが大嫌い。嗅覚に優れた猫にとって、不快な匂いがする食器はストレスの原因になりかねません。

人間用の洗剤は使わずに、ペット用の洗剤を使うようにしましょう。

まとめ

浴槽の片隅に逃げる猫

いかがでしたか?室内飼いが主流となり、家の中で過ごす時間が増えたため、猫にも家族同然に接する方が多いでしょう。

人間用のアイテムで代用出来るのでは?と思いがちですが、人間と猫では、体の構造も機能も異なります。

上記の人間用アイテムを使用することは、猫にストレスを与えたり、最悪の場合死に至ることもあります。

猫が健康で過ごせるように、気を配って頂ければと思います。

スポンサーリンク