猫に『気持ち』をわかってもらう方法3つ!大好きとダメを伝えるコツは?

猫に『気持ち』をわかってもらう方法3つ!大好きとダメを伝えるコツは?

かわいくて大好きな愛猫。でも言葉で会話はできません。どうしても伝えたい飼い主さんの気持ちがあるときは、どうすればよいのでしょうか?猫に気持ちをわかってもらう方法をまとめてみました。

670view

1.優しく話しかける

会話

猫は相手の気持ちがよく分かる生き物です。優しく話しかければ、そこに込められている感情を感じとれるでしょう。なるべく気持ちを込めて言葉がけしてみてください。

人の優しさが伝われば、きっと喜んでくれます。また愛情を感じとり、心を開いてくれるでしょう。

猫に触れるときは、言葉がけが同時にあった方が気持ちが伝わりやすいようです。ぜひ愛猫とのコミュニケーションの際に行ってみてください。

2.スキンシップ

ナデナデ

スキンシップで気持ちを伝えましょう。匂いを嗅がせる、また撫でるなどすれば、愛情が伝わります。

匂いは自分の情報を猫に伝えられるのです。撫でれば危険な人と分かるでしょう。

猫が嫌がらない限り積極的にスキンシップしていくと、より信頼関係を高められます。ご機嫌をみながら優しく、触れてあげてください。

3.遊ぶ

遊ぶ猫

大抵の猫は遊びが大好きです。一緒に楽しめば気持ちが通じ、絆が深まります。猫のストレス解消にもなりますので、ぜひ1日に1回は遊んであげましょう。

お気に入りのおもちゃやキャットタワーを用意して、思いきり楽しむのがオススメです。猫との充実した時間を通し、気持ちを伝えていきましょう。

4.大好きを伝えるには?

抱っこ

大好きを伝えるには、猫と目があったときのゆっくり瞬きがオススメです。基本的に猫と目を合わせるのは、猫界では避けた方がよいこと。ですからバチッと視線があってしまったら、瞬きをして敵意がないと伝えるのです。

ゆっくり行えば「大好き」の意味にもなります。愛情を込めて瞬きしてみましょう。

5.ダメを伝えるには?

ダメ

猫に「ダメ」を伝えたいときは短い言葉で叱りましょう。だらだらと長いお説教をしても、理解できません。「コラ!」や「ダメ!」など短い言葉で簡潔に、注意するのです。

その際、猫の名前をつけるのは避けてください。自分の名前に悪いイメージを持ってしまうからです。猫を叱る際は短い言葉だけ、そして少し大きめの声で叱りましょう。

タイミングも大切です。猫が事をしでかしてからだいぶ経って叱ったのでは、なぜ叱られているのか意味が理解できません。その場で叱るようにしてください。

まとめ

メリーちゃん、シャアちゃん

猫に気持ちを伝える方法はたくさんあります。これというやり方が決まっているわけではありませんので、飼い主さんオリジナルの方法を開発してもよいでしょう。

要は猫に気持ちが伝わればよいのですから、日々のふれあいの中で猫が理解しやすい方法を見つければよいのです。気持ちを伝えて、どんどん親密になっていきましょう!

スポンサーリンク