猫が『鼻チュー』する3つのワケ!挨拶だけじゃない意味とは?

猫が『鼻チュー』する3つのワケ!挨拶だけじゃない意味とは?

猫が鼻をくっつける仕草を見たことはありませんか?「鼻チュー」なんて呼ばれていて、とても愛らしい仕草ですが、猫同士だけではなく飼い主さんにする場合もありますよね。この「鼻チュー」には「挨拶」だけではなく、他にも理由が隠されています。猫が「鼻チュー」する理由をご紹介します。

1501view

1.相手の情報収集

猫の鼻チュー

猫の嗅覚はとても優れており、人間の数万~数十万倍と言われるほどです。

その優れた嗅覚で、相手の匂いを嗅ぎ取り、相手が敵か味方か、自分が優位に立てるかなどの情報を収集しています。

相手に敵意がないかを確認するまでは、警戒しているため、体は近づけずに鼻だけを近づける「鼻チュー」のような体勢になるのでしょうね。

「鼻チュー」で相手の情報を収集するなんて驚きですが、野生時代は、嗅覚を頼りに安全確認をしていたことを考えれば、当然なのかもしれません。

2.愛情表現

猫の鼻チュー

猫が仲間や飼い主さんに「鼻チュー」をするとき、それは愛情を表しているとも言えます。

相手のことを「信頼しているよ!」「愛しているよ!」という親愛を示しています。

猫の何とも可愛らしい愛情表現ですので、「鼻チュー」をされた飼い主さんも、「愛しているよ!」と伝えてあげて下さいね。

3.甘えたい

鼻チューする猫と少女

猫が飼い主さんにする「鼻チュー」には、飼い主さんの匂いを嗅いで「安心したい」「甘えたい」という理由が隠されています。

飼い主さんが外出先から戻ったときは、どこに行っていたのか確認するのと同時に、大好きな飼い主さんの匂いを嗅ぎ、安心したいのでしょう。

長時間家を空けたときや、構ってもらえないときなど、寂しくて甘えたい気持ちから、飼い主さんに対して「鼻チュー」をするのです。

「鼻チュー」と同時に、優しく撫でたり、声を掛けてあげましょうね。

まとめ

猫の鼻チュー

いかがでしたか?猫の「鼻チュー」は微笑ましくて、飼い主さんも幸せな気持ちになりますよね。

信頼している相手に見せる友好的な仕草であり、猫にとっては大きな意味を持ちます。

愛する猫との絆を深めるために、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク