猫が『リラックスしやすい環境』2選!愛猫の住環境を見直してみて!

猫が『リラックスしやすい環境』2選!愛猫の住環境を見直してみて!

猫にとって理想の環境というのは、人間にとっての理想とはまた異なります。どのような環境を望んでいるのか知っておきましょう。

487view

猫にとってのリラックスしやすい環境

見上げる猫

人間にとっての快適な空間と猫にとっての快適な空間は、当然ながら異なります。

愛猫が言葉を話せない分、飼い主の方が愛猫にとっての「リラックスしやすい環境」を考えて配慮する必要があります。

では猫にとっての最適な環境とは、一体どのようなものなのでしょうか。

それは、猫の習性に合わせた環境を作ることにつながります。今一度、愛猫にとっての過ごしやすい環境を見つめ直してみて下さい。

猫が生きていくための環境は一過性のものではなく、今後も続いていくものです。お互いにとって重要なポイントでもありますので、今からでもきちんと整備していきましょう。

1.外を眺められる場所

窓から見下ろす猫

室内で飼われる猫にとって、その環境のデメリットの一つに「退屈」があります。

猫は野生の世界では、獲物を追って狩りをすることで生活していましたので、本来退屈を感じる暇はないはずでした。

しかし、人に室内で飼われてしまうと、飼い主が四六時中遊びに付き合うことも出来ません。つまり、猫の退屈さを紛らわすこともポイントになります。

そこで、猫が簡単に退屈を紛らせられる場所が、「外を眺められる場所」なのです。

窓の外を眺めるこ猫と少女

窓の外には、車や人が行き交ったり、季節によって木々の葉っぱの揺れ具合が異なるようなさまざまな景色が存在します。

猫は人間に比べて様々な変化に気づく事ができますので、窓の外のそんな様子を眺めるだけでも楽しいのです。人間にとっては同じような景色でも、猫にとっては昨日と違った景色が見えているのです。

そのため、猫が安全に外を眺められる場所を作ってあげることも、猫にとってリラックスしやすい最適な環境に近づけることができます。

しかしデリケートな性格の子だと、縄張り意識が強いあまり外に野良猫を見つけると興奮してしまう子もいます。その場合はカーテンなどで見えなくさせることも配慮する必要があります。

2.上下運動

キャットタワーと猫

猫を室内で飼うことのデメリットの2つ目として、「運動不足のリスク」が挙げられます。

人間にとっても運動不足は大敵ですが、猫にとっても同様です。しかし、人間のようにランニングや体操が必要というよりは、猫は「上下運動」ができる場所さえあれば大丈夫です。

そのような環境を簡単に作りたいのであれば、市販されているキャットタワーを購入して設置してしまえば、時間の経過とともに愛猫は使ってくれます。

最初は見慣れず警戒するかもしれませんが、安全だとわかれば、上下運動ができる場所として次第に使うようになります。

なかには、ダンボールや木材などを使って、手作りでキャットタワーを作る強者も。猫にとっては、上下運動さえできれば問題ありません。

上下運動でストレス解消できれば、「リラックスしやすい環境」として認知してくれるでしょう。

まとめ

リラックスしている猫

家の中に愛猫と一緒に住むのであれば、お互いにとって最適なリラックスしやすい環境を作る事が大切です。

年一度今の環境で大丈夫なのかを見直すと良いでしょう。愛猫も快適になれば、よりリラックスした姿を見せてくれます。

スポンサーリンク