猫を『幸せにする』飼い主の特徴5つ

猫を『幸せにする』飼い主の特徴5つ

猫を幸せにする飼い主さんになりたくないですか?その方が好かれますし、より楽しく暮らせるようになるでしょう。どんな特徴を持つ飼い主さんが猫を幸せになれるのでしょうか?早速チェックしていきましょう!

2328view

1.猫を尊重する

撫でられる猫

猫を尊重して付き合う飼い主さんは猫を幸せにできるでしょう。マイペースな生き物の上、自分の好きなように動きます。そのため、その意思を尊重できないとストレスを感じさせてしまうかもしれません。

猫の気持ちを理解して好きなようにしてもらうとよいでしょう。尊重されていると感じた猫は飼い主さんに全幅の信頼をよせ、幸せに暮らせます。

2.猫の健康を考える

抱っこされる猫

いくら恵まれた環境にいても、不健康なら幸せには暮らせないでしょう。治療や病院通い、場合によっては入院しなければいけないケースも。猫の健康を考えてくれる飼い主さんとなら幸せに暮らせるでしょう。

健康なら毎日元気にすごせます。美味しいご飯を食べ、窓の外を眺めてぐっすり眠る。そんな当たり前のような日常も、健康だからこそ。それを守ってくれる飼い主さんは、猫を幸せにしてあげられるでしょう。

3.快適な環境を作る

嬉しそうな猫

猫にとって快適にすごせる環境は大切です。落ち着けなければストレスを感じて、体調を崩してしまうかもしれません。

ゆっくりと眠れる場所や身を隠せる隠れ家、好きなときに眺められる窓ぎわなどを作ってあげましょう。またなるべく静かな環境も大切です。

4.猫と遊ぶ時間を取る

猫じゃらし

大抵の猫は遊びが大好きです。飼い主さんが一緒に遊ぶと絆が深まります。愛猫の体力維持や肥満防止にも。

5分でよいのでぜひ、毎日愛猫と遊ぶ時間を作るとよいでしょう。お気に入りのおもちゃを動かせば、きっとらんらんと輝く目で飛びかかってくるはず。夢中で遊ぶ姿をたくさんみせてもらいましょう。

5.何があっても最期まで面倒をみる覚悟がある

こちらを見る猫

猫を飼うには覚悟が必要です。途中で飽きたから、飼えなくなったからといって捨てるわけにはいきません。その覚悟ができなければ、猫を幸せにする飼い主さんとはいえないのです。

なんとなくで飼ったとしましょう。猫が問題行動を起こしたとしたら?病気になって高額な医療費がかかるようになったら?

最期まで面倒をみるという覚悟がなければ、困難にぶつかったとき「捨てる」という判断になってしまいやすいでしょう。温かい家からとつぜん、外の世界に放り出された猫はどうなってしまうのでしょうか?その命すら危ぶまれます。

まとめ

ノアくん

せっかくご縁のあった愛猫。幸せにするのもしないのも飼い主さん次第です。猫とはどういう生き物なのか、そして何を好むのかなどを把握して生活環境を整えてあげましょう。快適に暮らしている猫の表情は幸せそのものです。その顔が見られるように尽力して行きましょう。

スポンサーリンク