『寝起きの悪い猫』がみせる4つの行動と注意点

『寝起きの悪い猫』がみせる4つの行動と注意点

大抵の猫は寝起きが良いです。寝ているといっても浅い睡眠の場合が多く、すぐに目を覚ませます。そんな猫の寝起きが悪い場合、一体何があるのでしょう?寝起きが悪いときに見せる行動、そして注意点をまとめてみました。

715view

1.なかなか起きない

起きない猫

寝起きの悪い猫は、なかなか起きない場合があります。目を開けたとしてもボーッとした様子で動きません。ぐっすり眠れなかったのか、まだ寝足りないのか…。

普通は猫は目を覚ますとすぐ起き上がり、伸びをして活動を開始する場合が多いです。ですがそうしないということは、よほど眠いのでしょう。そっとしておいてあげましょう。

2.飼い主さんとの接触を避ける

隠れる猫

飼い主さんとの接触を避けようとする場合もあります。そんなときは好きなようにさせてあげましょう。飼い主さんの方から無理に、接触する必要はありません。

目が覚めてくればそのうち、猫の方から甘えてくるでしょう。そのときにたくさん可愛がってあげてください。

3.どこかへ行ってしまう

隠れているつもりの猫

目を覚ましたと思ったらすぐにどこかへ行ってしまうときは寝起きが悪いのでしょう。「今は構われたくないにゃ!」という気持ちだと考えられます。無理に構うと嫌がるでしょうから、そっとしておいてあげてください。

もしそのままずっと起きてこないなら、気候が原因かもしれません。雨の日や低気圧のときは倦怠感を覚えるようです。

4.顔が眠そう

眠そうな猫

寝起きが悪いと、起きたとしても顔が眠そうでしょう。飼い主さんが帰宅したとき、寝ぼけ顔で迎えてくれる場合もあります。そんな姿もかわいいのですが…。

顔が眠そうなときはしっかりと目覚めるまで、そっとしてあげた方が良いかもしれません。もし猫が嫌がらないなら、そっと撫でてあげるのも良いでしょう。

5.不調が隠れているかも

具合が悪そうな猫

猫の寝起きが悪い場合、不調が隠れていることもあります。肝臓や腎臓に疾患があるのかもしれません。神経に異常がある場合も、寝起きが悪いことがあります。

その後の様子を観察し、いつもと違うようならすぐに動物病院を受診した方が良いでしょう。様子を見すぎると悪化を招いてしまうかもしれません。早めに行動していきましょう。

まとめ

中々起きない猫

いつもはスッと起きる愛猫の寝起きが悪いと心配になります。まずは様子を見て、通常に戻るかどうかを確認しましょう。時間が経っても寝起きが悪いようなら、気候や体調不良などを考えた方がよいかもしれません。

心配なら動物病院を受診し、原因を調べてもらいましょう。それで何もなかったら安心できます。愛猫には少し嫌な思いをさせてしまうかもしれませんが、もし異常があった場合は早期発見になるためオススメです。

スポンサーリンク