猫が『モヤモヤ』しているときに見せる仕草5つ

猫が『モヤモヤ』しているときに見せる仕草5つ

のんびり気ままに過ごしている猫が「モヤモヤ」することなんてあるの?と思いがちですが、猫も様々な感情を抱きます。そして、体全身で感情を表現しています。猫が「モヤモヤ」しているときの仕草を知り、気づいてあげたいですよね。今回は、どのような仕草をするのか5つご紹介します。

762view

1.シッポをバタバタ

シッポを振る猫

例えば飼い主さんが撫でているとき、抱っこをしているときなどに、シッポをバタバタと動かすことがありますよね。

これは猫が「モヤモヤ」して、「もうやめて」ということを表しているのです。

さっきまで気持ち良さそうにしていたのに…と思っても、猫の気持ちはコロコロと変わるもの。

いつまでも続けると噛まれたり、引っ掻かれたりと攻撃されてしまうかもしれません。

シッポをバタバタし始めたら、手を離しそっとしておいてあげましょうね。

2.八つ当たりする

手を噛む猫

何もしていないのに、突然噛まれたり、猫パンチされたことはありませんか?

猫は「モヤモヤ」した気持ちを抱えていると、近くにある人や物に対して八つ当たりするかのように、咄嗟に攻撃することがあります。

少し時間が経てば落ち着くことが多いので、怒らずに見守ってあげましょう。

3.過剰な毛繕い

毛繕いする猫

猫は、体を綺麗に保つために毛繕いするだけではなく、「モヤモヤ」しているときにも毛繕いをすることがあります。

一心不乱に勢いよく毛繕いをし始めることがありますよね。

これは「転位行動」と呼ばれ、気持ちを落ち着かせるためにとる行動。

獲物を捕まえようとして失敗したり、ジャンプしようとして落ちてしまったときなど、「モヤモヤ」した気持ちを落ち着かせようと、過剰に毛繕いをするのです。

4.鳴く

鳴いている猫

低めの声で「アオーン」と鳴くことがありますよね。

夜中に鳴かれてしまうと、睡眠不足になったり、近所迷惑にならないか気になるでしょう。

「お腹がすいた」「構ってほしい」「遊び足りない」など、満たされない気持ちを表すときの鳴き声と言えます。

ご飯は十分に与える、満足するまで遊んであげるなど、猫がモヤモヤして鳴いてしまわないよう、防止することも大切です。

5.じっと見つめる

見つめる猫

ふと気づくと、じっと見つめていることはありませんか?

甘えたいときの視線とは異なり、不満を訴えるようなキツい視線です。

「ご飯が足りない」「遊び足りない」「トイレが汚れている」など、「モヤモヤ」した気持ちを抗議するかのように、じっと見つめるのです。

まとめ

不機嫌な猫

いかがでしたか?猫も「モヤモヤ」が溜まると、大きなストレスとなり、病気を発症してしまう可能性があります。

猫の「モヤモヤ」サインを知り、見逃さないようにすることが大切です。

愛する猫が穏やかに健康に過ごせるよう、気を配ってあげて下さいね!

スポンサーリンク