猫が『ニャンモナイト』になるときの心理3つ!なぜ丸くなって寝るの?

猫が『ニャンモナイト』になるときの心理3つ!なぜ丸くなって寝るの?

猫が丸くなって寝る姿は「ニャンモナイト」と呼ばれていますが、どうして猫は「ニャンモナイト」で眠るのでしょうか?本記事では「ニャンモナイト」になって眠る時の猫の心理についてご紹介したいと思います。

830view

1.寝心地が良い

ベッドで寝る猫

猫の性格にもよりますが、寝心地が良いからニャンモナイトになるという場合もあるようです。

そういった猫は体の内側に手足や顔を入れることで安心したり居心地が良いと感じているのかも知れませんね。寝心地の良さを追及した結果ニャンモナイトになっていた、ということも。

猫用のベッドや猫鍋など、お気に入りの寝床の形状によってニャンモナイトになって寝るということもあります。暑ければ手足を伸ばして、寒ければより体を丸めたニャンモナイトになっているでしょう。

2.身を守る

ニャンモナイト

警戒心の強い猫は急所であるお腹を守るように丸くなって寝ることがあります。

警戒しなくて済む環境の場合は安心感からお腹をさらけ出して寝ることもよくありますが、何かを警戒していたり安心できないといった場合にはお腹を隠すように寝るんです。

ですが一番警戒している時の猫は頭を起こし、足の裏を床につけて何かあったらすぐに起き上がれる体勢で寝ますので、手足が床についていないニャンモナイトの場合はそこまで警戒はしていないとも言えるでしょう。

3.寒い

温まる猫たち

一般的に気温が15度以下になると猫は寒いと感じるようになるらしいです。そのため体を丸くして熱を逃がさないようニャンモナイトになって寝るんです。

丸くなることでお腹を冷やさないように守りますが、鼻先や手足なども寒さから守るために体の内側に入れるため、よりアンモナイトに近いニャンモナイトが出来上がるんですね。

とても可愛くてつい写真を撮りたくなってしまうニャンモナイトですが、実は猫が寒さから身を守るための野生時代からの知恵でもあったと言えるでしょう。

まとめ

おもちゃを抱いて寝る猫

ニャンモナイトは猫を寒さや冷えから守り、熱が逃げないようにするための工夫とも言える寝姿なんですね。

愛猫がニャンモナイトになって寝ている姿を見かける飼い主さんも多いと思いますが、この時に猫が手足で顔を隠していたら「照明が眩しい」と感じていることもあると言われています。

何にせよ気持ち良く眠っている愛猫はとても可愛いので写真をたくさん撮りたくなってしまいますが、せっかく寝ているのですから起こしてしまわないように気を付けてあげましょうね♡

スポンサーリンク