猫の怪我を招く『家の危険スポット』3つ

猫の怪我を招く『家の危険スポット』3つ

猫が家の中で1番怪我をしやすい場所といえば、いわずと知れた「台所」です。火は扱う、熱湯はある、割れ物に刃物まであるという、飼い主さんにとっても注意が必要な場所ですね。しかし、家の中には猫が怪我をしやすい「危険スポット」が他にもあります。怪我で猫に辛い思いをさせないよう、是非この3か所にも目を光らせておきましょう。

688view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.暖房器具周り

ストーブの前で暖まる猫

石油ストーブは危険で、ファンヒーターやエアコンが100%安全かといえばそうでもありません。

コタツ・ホットカーペット・電気毛布に湯たんぽ、また暖房器具ではありませんが布団乾燥機など、猫の好むホカホカ器具は色々あります。

これらでまず気をつけたいのは、45~60℃程度の低温で起こす「低温やけど」。(1)気が付きにくい(2)重症化しやすい(3)治りにくい(4)感染症の危険がある、という大変厄介なやけどです。

また暖まりすぎたり温風に当たり過ぎたりすると、乾燥から脱水、熱中症になる可能性もあります。

猫にはかなり不評でしょうが、暖房器具とは少しだけ距離をおくよう気をつけてあげましょう。

2.ベランダ

柵から身を乗り出す茶トラ

猫にとってのベランダは、窓から外を眺めるのとは全く違う楽しさがある場所です。しかしベランダ、特に手すりには転落の危険が潜んでいます。

猫はバランス感覚がよく、そう簡単には足を踏み外しません。しかしマンションの高層階なら強風にあおられることがあり得ます。

また鳥を捕まえようとしたり、小さな足場を頼りに飛び移ろうとしたり、夢中になった猫は何をするか分かりません。

とはいえせっかくの楽しいお外時間です。安全第一に考えて、事前に転落防止柵や網を設置しましょう。

特に、子猫や経験の浅い若い猫がいるご家庭には強くおすすめするものです。

3.押入れ・物置き

クローゼットのハンガーに乗るサビ猫

押入れや物置きを隠れ家にしている猫は多いでしょう。我が家の猫もお客様が来ると一目散に隠れます。

もちろん、猫の居場所がきちんと確保されていれば問題は起こりません。困るのは、猫が足元の不安定な場所で遊び、物がなだれ落ちて猫の上に落ちてくるようなときです。

切り傷を作る程度で済めばまだしも、パニックになって暴れて手脚を骨折したり、肩関節を脱臼したりすれば、数週間に渡るギプス生活が待っています。

それでなくても猫は、押入れのような暗くて雑多な場所の探検が大好きです。あらかじめ猫の居場所を準備するか、もしくは絶対に入らせないようきっちりガードしておきましょう。

まとめ

オーブンに手を伸ばすキジトラ

台所はもとより、暖房器具の周りや押入れなどは猫が本能的に愛する場所ですし、ベランダは唯一身体で自然を直に感じられる場所。台所以外はできるだけ自由にさせてあげたい気がします。

しかしそこは快適だからこそ少しの油断が怪我を招く、危険スポットでもありました。

どうか猫たちが楽しい時間を過ごせるよう、ご家庭ごとの危険スポットを把握し、それを回避する方法を見つけてあげてくださいね。

スポンサーリンク