猫が『ヘソ天』で寝る4つの理由と注意点

猫が『ヘソ天』で寝る4つの理由と注意点

猫が仰向けでお腹を出して寝る姿は「ヘソ天」なんて呼ばれていますが、何とも愛らしいですよね。野性を忘れたようにスヤスヤと寝る姿に、「どうしてそんな姿で?」と思うことがあるでしょう。いったいなぜ猫は「ヘソ天」で寝るのでしょうか?注意点を交えてご紹介します。

540view

1.安心している

お腹を出して寝る猫

猫にとってお腹は臓器が詰まった急所。また、外敵に襲われたときに、すぐに逃げ出せないため、本来仰向けで寝ることはありません。

そんな警戒心の強い猫が、お腹を出して「ヘソ天」で寝るということは、安心している証拠。

安全な家の中で、大好きな飼い主さんが側にいるため、リラックスし安心しているのでしょうね。

2.発情期

横たわる猫

避妊手術をしていない雌猫には、生後半年くらいから発情期が訪れます。

そして猫が「ヘソ天」をするのは、「発情期だから」とも言われています。

雌猫がお腹を出してクネクネし、雄猫にアピールします。このときの雌猫のフェロモンに雄猫が誘われ、近寄ってくるのです。

例え、室内で雌猫1匹だけで飼っていたとしても、このような行動は見られます。猫の本能による行動と言えるでしょう。

3.暑い

お腹を出して寝る猫

暑い夏にフローリングや玄関など、ひんやりする場所で寝る姿を見ることがありますよね。

猫は汗腺が肉球にしかないため、体温調節が苦手。

お腹を出し、足を広げた「ヘソ天」をして、体の熱を放出しているのです。

4.構ってほしい

お腹を出す猫

飼い主さんの目の前で「ヘソ天」をしたときは、「構ってほしい」とアピールしているのかもしれません。

猫は気まぐれでマイペース。自分のペースを邪魔されるのを嫌がります。

そんな猫が、飼い主さんに「甘えたい」「構って!」というときには、「ヘソ天」をするのです。

優しく声を掛け、撫でてあげましょうね。

注意点は?

仰向けで寝る猫

猫が「ヘソ天」をしていると、ついお腹を触りたくなりますよね。

まれに喜ぶ猫もいますが、多くの猫はお腹を触られるのを嫌がります。

また、成長過程において、睡眠は猫にとって大切なこと。熟睡している猫を起こすのは、やめましょうね。

真夏に「ヘソ天」をしている場合は、室温が高すぎるのでしょう。エアコンを使い、猫が快適に眠れるように気を配りましょうね。

まとめ

ヘソ天をする猫

いかがでしたか?猫が無防備で「ヘソ天」をする姿は、とても可愛らしいですよね。

リラックスしている以外にも理由がありますので、注意して観察してみてあげて下さいね。

スポンサーリンク