猫がお尻を向けてくるときの気持ち3選

猫がお尻を向けてくるときの気持ち3選

猫がお尻を向けて座る姿を見た事はありますか。しっかりとお尻を向けるので、初めて見る人は面を食らうと思われますが、一体猫としてはそのような気持ちなのでしょうか。

4609view

猫がお尻を向ける理由

お尻を向ける猫

愛猫と一緒に暮らして間もない頃に、お尻を思いっきりこちらに向けて座り込んでいる姿を見かけたことはないでしょうか。

これを見慣れている飼い主であれば大したことではないのですが、初めて見る飼い主の中にはびっくりする方もおられると思います。

一生懸命にお世話をしているつもりでも、なぜわざわざお尻を向けて座っているんだろう、と飼い主なら不思議に思ったこともあるのではないでしょうか。

少し失礼なやつだなと思っても、そのままでは終わらないでください。お尻を向ける時には猫の方にもきちんとした理由と気持ちがあります。ぜひこの記事で知って下さい。

1.信頼しているから

安心している猫

お尻を向ける時の気持ちで一番メジャーとも言えるのが、「信頼しているから」なのです。

猫にとって「お尻を向ける」とは、いわゆる「背中を向ける時の気持ち」と同じです。

野生の本能が残る生き物である猫にとって、他の生き物にお尻を向けることは、かなり危険なことでもあるのです。

が、それでもお尻を向けているということは、飼い主に対して絶大な信頼を置いている証拠でもあるのです。

とはいえ、いきなり後ろから触ったり、話しかけたりすることはなるべく控えて下さい。

トラウマになって驚くことが多くなり、次からはお尻を向けてもらえない可能性が高まってしまいます。優しく声をかけながら背中を撫でてあげて下さい。

2.飼い主を守るため

取っ組み合う猫たち

上記とつながるのですが、飼い主のことを家族と認めて、敵から守ろうとしてお尻を向けていることがあります。

人間に比べてあんなに体が小さいにも関わらず、守ってあげなくては、と考えているのです。

「あなたは私がいなくては何にもできない」と思っての行動ですが、飼い主としては嬉しい限りの気持ちです。

大切な仲間が攻撃されたらすぐにでも反撃できるように身構えてくれているのです。いわゆるボディガードになろうとしてくれていますので、飼い主は感謝して接してあげて下さい。

3.匂いを嗅いで欲しいから

挨拶する猫たち

猫にとって匂いは貴重な情報源です。なぜなら猫同士の挨拶は、お互いのお尻の匂いを嗅ぎあうところから始まります。

猫はそれを、飼い主に対しても行おうとしているのです。優劣の関係がはっきりしている場合は、弱い方が強い方にお尻を向けて匂いを確認してもらおうとします。

お尻は猫にとって急所でもあるので、あまり見せたくないところではあるのですが、これは猫社会のルールですので守らないといけません。

そのルールに則って、飼い主のことを優位な立場として認めて匂いを確認してもらおうとしているのかもしれません。

まとめ

お尻を向ける猫

以上のような猫の気持ちを理解すれば、猫がお尻を向けてきたら嬉しくなると思います。

ぜひ見かけたら静かに撫でてあげて下さい。特に雌猫にとっては敏感な場所でもあるので、触りすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク