猫が思う『最高の飼い主』の条件4選

猫が思う『最高の飼い主』の条件4選

猫を飼っている多くの飼い主さんは「うちの子にとって、自分は良い飼い主になれているだろうか?」「猫を幸せにしてあげるために、どんな飼い主になればよいだろう?」と考えたことがあるのではないでしょうか。そこで本記事では、どんな飼い主さんだと猫にとって好ましいのか、紹介していきたいと思います。

1264view

猫にとって最高の飼い主になるには?

猫を抱っこする女性

猫は人間が思っている以上に、飼い主さんや周りの人のことをしっかりと観察しています。つまり、些細な気配りや行動を積み重ねていけば、飼い主さんのことを好きになっていくことも多いのです。

猫は飼い主さんのどのような部分を観察していて、どうすれば「最高の飼い主」と感じてもらいやすくなるのか、さっそくその条件を紹介していきます。

1.猫の反応や様子をしっかり見ている人

猫はしつこくされる事を嫌う傾向にあります。また「ツンデレ」な態度をとる子も多いです。

それゆえに、猫のほうからベタベタと甘えてきたかと思ったら、急にそっぽを向いてどこかに行ってしまう…といった行動をとることも珍しくありません。

とても気分屋さんな一面を持っていることが多いですが、そんな猫の態度をしっかりと観察し、猫の気分に合わせて接してあげる飼い主さんは「猫にとって理想の人物像」といえるでしょう。

2.猫が暮らしやすい環境を整えている人

猫は周りにいる人だけでなく、周りの環境にも敏感に反応します。

「猫用トイレがこまめに掃除されている」「ひとりになれる、暗くて狭いスペースがある」「お気に入りのにおいがついている物がたくさんある」「外の様子を見ることができる窓辺がある」というような「猫にとっての心地良い環境」を整えてあげれば、猫の幸福度もきっと上がるでしょう。

3.大声や大きな音をあまり出さない人

猫の耳はとても繊細なため、唐突な大声や大きな物音にびっくりする子は多いです。

大声で猫に話しかけたり、日頃からバタバタと派手に物音を立てる人は、猫から嫌われやすいといえるでしょう。

反対に、猫に向かって小声で、かつできるだけ高い声で話しかけたり、ゆったりと静かに動く人は猫から「一緒にいて心地良い人」と感じてもらえる可能性も高くなります。

4.最期まで責任を持ってお世話をする人

生き物を飼う人間として当たり前のことではありますが、最期まで責任をもってしっかりとお世話をする人は、猫にとって最高の飼い主さんです。

猫にとって心地良い環境を作る努力をしたり、猫の体調が悪そうであれば病院に連れていったり、猫が求めている時は構ってあげる…というように、常に「猫の幸せ」を考えて行動できる人は、猫にとって良い飼い主さんといえます。

まとめ

眠っている猫

猫にとって、最高の飼い主さんの条件に、恐らく絶対的な正解はないでしょう。猫によって性格や特徴も異なるので、その猫に合った生活環境や振る舞い方をするのが好ましいです。

猫にとって良い飼い主さんになりたいのであれば、愛猫のことをまずはじっくりと観察してみることをおすすめします。

スポンサーリンク