自己アピールが強めの猫が見せる仕草5つ

自己アピールが強めの猫が見せる仕草5つ

いませんか?自己アピール強めな猫。猫ってクールな生き物なんじゃ?と思いきや、とんでもありません。飼い主さんに向かってガツガツと自己アピールする猫もいるのです。そんな猫が見せる仕草を、チェックして行きましょう!

799view

1.くっついて回る

ストーニャー

何かにつけて飼い主さんの後をくっついて回る猫。何かのアピールをしているに違いありません。「お腹が空いた」かもしれませんし、「遊んで欲しいにゃ」かもしれません。

ただ単に飼い主さんに自分を見ていて欲しい、という場合もあります。いずれにせよいつも飼い主さんの後をくっついて回る猫は、自己アピール強めです。可愛いけれど猫にストーカーされるのは…悪い気分ではありません!

2.ニャーニャー大きな声で鳴く

鳴く猫

ニャーニャーとあからさまに大きな声で鳴いている猫。何か訴えたいことがあるようです。その時々で要求は変わるでしょう。

何を欲しがっているのか、察してあげてください。どうしても飼い主さんに自分の方を見て欲しいのかもしれません。そんな理由の場合は相当、自己アピールが強いと思われます。

3.邪魔をする

邪魔猫

飼い主さんが何かに夢中になっていると間に割って入って邪魔をしてくる猫、いませんか?これは「自分を見て欲しいにゃ」というアピールのよう。強めの主張です。

多くの飼い主さんがリモートワークに励む中、この邪魔猫の出現に頭を抱えることが増えたのではないでしょうか?怪文書を勝手に打たれて、どこかへ送信でもされたら大変です。他の夢中になれるおもちゃを与えたり、飼い主さんが少し構ってあげたりすることで邪魔猫を退治できるでしょう。

4.無言の圧力

猫圧

猫の必殺技とも言える、無言の圧力。あの小さな体の、どこにそんな威圧感を隠しているのでしょう。じっと見つめる瞳、テコでも動かない覚悟を感じさせる空気を身にまとい、飼い主さんを圧倒します。こんな圧をかけられたら、何でもいうことを聞いてしまいます。

ある意味、積極的なアピールよりもよほど主張が強いかもしれません。さっきから無言の圧力を発してアピールしていたのに、気がつかなかったこちらの方が悪い気になってしまいます。

5.お腹で主張

アピール

お腹を使って自己アピールしてくることも。あのもふもふな部分を使えば何でもいうことを聞かせられると気づいてしまっているのかもしれません。さすがは人たらしです。

お腹を見せて「構え」もしくは「こっちを見ろ」など、強めの自己アピールをしてきます。でもとても可愛い姿なので思わず、飼い主さんはデレデレになってしまうでしょう。それがきっと猫の作戦なのです。

まとめ

ヤマトくん

猫によって自己アピールのし方は違うでしょう。愛猫はどのタイプの主張をしてきますか?

基本的にオス猫の方がメス猫よりも自己アピールが強めなのだとか。発情期にメスにアピールする必要があるからです。

確かに筆者宅も、オス猫の方がガンガン主張してきます。やはりそういう性なのでしょう。

スポンサーリンク