猫から愛される人の共通点5選!あなたはどれくらい当てはまりますか?♡

猫から愛される人の共通点5選!あなたはどれくらい当てはまりますか?♡

猫が愛する人にはある特徴があるのだとか。それは一体どんなポイントなのでしょう。愛猫との仲がうまくいっていないという方はもちろん、これからもっともっとラブラブになりたい!という方もぜひご覧ください。

4542view

1.静か

落ち着いている猫

猫は静かな環境を好みます。ということは当然、人も静かな人を好む傾向があるのです。突然暴れ出したり大声を出したりする人は、あまり得意ではありません。

動きが予想できないと恐怖を感じて、近寄ろうとしなくなるでしょう。ですから猫がいる場所ではなるべく静かに過ごすのが愛されるポイントです。お年寄りを見習うと良いでしょう。

2.猫のペースを尊重する

抱っこ

猫はマイペースな生き物です。自分の好きな時に好きなように動きます。なんと羨ましい限りでしょうか。

でもそれを阻害してしまうと、ストレスを感じさせてしまうことがあります。猫のペースを尊重してあげると、愛される人になるでしょう。「この人分かってるにゃ♡」と猫の中での評価が高くなるのです。

自分のペースを侵される心配がないと判断すれば、自然と愛してくれるようになるでしょう。

3.気持ちが通じる

見上げる子猫

猫とのコミュニケーションは主に、言葉ではなく態度や仕草などになります。だからこそ難しい部分はあるのですが…。猫と気持ちを通わせれば、きっと愛してくれることでしょう。

猫のことを理解しようと思えば、なんとなく考えてくることなどが分かってきます。こちらから歩み寄りの姿勢が大切です。猫は相手の気持ちを察するのが得意なので、「君のことを分かりたい」という態度を汲み取ってくれます。

そうすれば猫の方も心を開き、愛してくれるようになるでしょう。こちらからも愛を注いで、幸せを感じさせてあげてください。

4.声が高い

くつろぐ猫

猫は声が低い人よりも高い人を好む傾向があるようです。なぜなら、低い声は自分を捕まえる捕食動物を連想させてしまうから。高い声は子猫など、好ましい存在を連想させるようです。

ですから、猫と会話をする時はなるべく高い声を出すようにすることをオススメします。男性は恥ずかしいかもしれませんが、誰もいないところで実践してみてください。

5.目を見つめない

見つめない

目は大切なコミュニケーションをする部分ではあるのですが…。まだ信頼関係の出来上がっていない猫と目を合わせるのはNGです。なぜなら喧嘩を売っていることになってしまうから。

猫と目を合わせるのは、十分に信頼関係が出来上がってからにしましょう。それでもあまりにじっと見つめ過ぎるのは礼儀的に良くないようです。人の常識とは違うと理解し、適度なアイコンタクトを行なっていきましょう。

まとめ

リリィちゃん

どうせ猫と暮らすのだったら、愛し愛される関係の方が良いですよね。まずは飼い主さんの方から愛することが大切ですが、大事なのはその伝え方です。

いくら愛していても猫が嫌がる方法で愛を伝えているなら、それは誤解されてしまうでしょう。猫が分かりやすい方法で伝えていけばきっと理解され、受け入れられます。ラブラブになるまで工夫して、愛を伝えていきましょう!

スポンサーリンク