猫の優秀な飼い主が絶対にやらない5つのこと

猫の優秀な飼い主が絶対にやらない5つのこと

当たり前ですが、猫と人とでは物事に対する捉え方も出来事への反応のしかたも異なります。飼い主さんが良いと思っても、彼らには良くない場合があるのです。優秀な飼い主さんはその辺りをしっかりと理解して猫に接しています。

3063view

1.ストレスを与える

ストレスを感じている子猫

猫は繊細で、ストレスに弱い生き物です。その為、優秀な飼い主さんは極力リラックスして過ごせるように気を使うことでしょう。猫にとってストレスとなることは、いくつかあります。

例えば大きな音や模様替え、新入り猫などです。これらが絶対にダメ!という訳ではありませんが、気をつけなければいけないことがあります。

大きな音はなるべく立てないように気をつけることはもちろん、模様替えは少しずつ行うようにするなど。新入り猫は一番ストレスを感じるので、本当に少しずつ時間をかけて慣れてもらうようにすると良いでしょう。

2.猫の体に悪いこと

ソーセージを狙う猫

優秀な飼い主さんは、猫の体に悪いことはしないでしょう。例えばおやつを与えすぎる、人の食べ物を与えるなど。猫の健康を損ねてしまっては良くないことは明確です。

不健康にしたら病気になってしまうかもしれませんし、寿命に影響があるかもしれません。なるべく猫を健康にいさせること。長生きして貰うように優秀な飼い主さんなら、するのではないでしょうか?

3.猫のペースに合わせない

マイペースな猫

猫はマイペースな生き物です。自分の好きなように行動するのが当たり前。犬のように飼い主さんに合わせて動くことはほぼありません。

その為、猫を思い通りに動かそうとするとストレスを溜めてしまうでしょう。ペースを乱されるのも好みません。猫のペースに合わせながら上手に付き合って行くのが、優秀な飼い主さんです。

4.放置

床に寝そべる猫

単独行動を好みがちな猫とはいえ、完全に放置しておくことはNGです。心の奥底では飼い主さんとの適度な触れ合いを必要としていることが分かっています。ですから、必要なコミュニケーションは取るようにする必要があるのです。

特に猫が求めてきた時は応じるようにしてあげましょう。優秀な飼い主さんはこのことが分かっていますから、猫と付かず離れず、上手に距離を取って付き合っているはずです。

過剰にベタベタするのも嫌がるので、さじ加減が大切になってきます。

5.お世話を怠る

元気のない猫

猫のお世話を怠ると、かわいそうなことになってしまうかもしれません。トイレは汚れ、ガリガリに痩せ、病気になってもそのまま…。などという最悪の事態は想像したくありませんが、多頭飼育崩壊ではありえます。

もちろんそうではなくてもお世話を怠ることは優秀な飼い主さんなら絶対にしないでしょう。それは確実に、猫を不幸にしてしまうことだからです。

まとめ

こちらを向く猫

何を持って優秀な飼い主なのか判断は難しいですが、猫が伸び伸びと暮らせる環境作りをすることが大切ではないでしょうか?余計なストレスがかからず、心身共に健康でいられるように気遣ってあげましょう!

スポンサーリンク