猫が特別な人に送る『大好き♡』のサイン5つ

猫が特別な人に送る『大好き♡』のサイン5つ

猫は全身を使って自分の気持ちを表現していますが、飼い主さんのような特別な人に送っている「大好きサイン」なるものが存在するようなのです。それは一体どんなサインなのか?気になるそこのところ、チェックして行きましょう!

7731view

1.くっついてくる

べったりな猫

やたらとスリスリしたり上に乗ってきたりなど、くっついてくる時は「大好き♡」なのでしょう。母猫のように思っている飼い主さんにひっついて、安心しているのかもしれません。身も心も許していて、ホッとしている状態なのでしょう。

甘えん坊の猫に多そうな行動です。猫は多かれ少なかれ甘えたな部分がありますが、良くくっついてくる猫は相当甘えん坊なのでしょう。忙しい時は困るかもしれませんが、そんな子も愛おしいですね。

2.見つめてくる

こちらを見る猫

じぃ〜っと見つめてくる時は「大好き」という気持ちが高まっている時。やはり好きなものはついつい、見つめてしまうのでしょう。「なぜか愛猫に監視されている」と思ったらそれは大好きのサインなのです。

ただ、警戒している場合もありますので、猫の表情を見てみましょう。ほんわかしていたりゆっくり瞬きをしたりするようなら、大好きでほぼ間違いなしです。逆に表情がこわばっているようなら、警戒されているのかもしれません。

3.側にいる

寄り添う猫

気がつくと愛猫が側にいるということはありませんか?これも大好きのサイン。信頼している人でなければ、猫は側に寄ることはありません。

少し離れた場所で寝ている、もしくはくっついているなどしていたら確実に大好きでしょう。そうでなければそのようなリラックスした姿を見せることはないでしょうから。愛猫が側にいるようなら、大好きだと思われていると思って間違いありません!

4.しっぽがピンと立つ

しっぽがピンとしている猫

猫は大好きな人を見ると「ピン!」としっぽが立ちます。良く観察してみてください。それまではだらんと垂れ下がっていたのに、飼い主さんの姿を目にした途端ピンとなるかもしれません。

もしそうなら愛猫は飼い主さんのことが大好きです。そのまま近寄ってきて、撫でて貰おうとするでしょう。甘えたような鳴き声を発することもあるかもしれません。

とても分かりやすいサインなので、見逃す事のないようにしてください。

5.ふみふみ

お腹の上に乗る猫

ふみふみとは、前足を交互にグーパーする仕草のことです。大抵は毛布などの柔らかい場所に行います。それを飼い主さんにしてくることがあるのです。

ふみふみしている時の猫は童心に返っているといいます。子猫の頃、母猫の母乳を飲んでいた時のことを思い出しているようなのです。飼い主さんにそれをするということは、相当甘えた気分なのでしょう。

大好きな存在でなければ、そのようなことはしないと思われます。猫がふみふみしてきたら、母猫と同様に好かれていると思って良いでしょう。

まとめ

鼻をくっつける猫

可愛い愛猫に大好きな気持ちを表されたら、こんなに嬉しいことはないですよね!ただ、人の感覚の「大好き!」とは少し違う仕草をすることがありますので、見逃さないようにしたいものです。

今回の記事が愛猫との仲を更に深めるきっかけとなったら幸いです。

スポンサーリンク