猫の『憎めない行動』5選

猫の『憎めない行動』5選

猫と暮らしていると、猫の不可解な行動に思わず笑ってしまったり、何度も繰り返されるイタズラに困ったり…。しかし、「それでも憎めない」と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか?そんな猫の「憎めない行動」を5つご紹介します。

954view

1.必死の「起きろ」攻撃

起こそうとする猫

「あともう少し寝ていたいのに…」と思っていても、そうはさせてくれません。

飼い主さんの顔を猫パンチしたり、頭の上に物を落としたり…。あの手この手を使い、必死で飼い主さんを起こそうとします。

「まいったなぁ」と思いながらも、猫の起きろ攻撃には根負けしてしまう飼い主さんも多いでしょう。憎めない行動の1つですよね。

2.ベッドを占領する

ベッドで眠る猫

飼い主さんのベッドの上に乗ってきたり、中に潜り込んでくるのは、飼い主さんを信頼している証。飼い主さんにとっても、至福のひとときでしょう。

しかし、時間が経つにつれ、気づくと真ん中で、体を広げてベッドを占領。飼い主さんはベッドの端に追いやられるはめになることも…。

それでも、愛する猫が安心しきった顔で眠っている姿を見ると、「仕方ないなぁ」と思ってしまいますよね。

3.膝の上で熟睡

膝の上で眠る猫

座っているとき、膝の上に乗ってきて甘える姿は、何とも愛らしいですよね。

しかし、嬉しい反面、立ちたいときに立てなかったり、足が痺れたり困ってしまうこともあるでしょう。

それでも、膝の上に乗ってきたら、嬉しいと思ってしまうものです。

4.パソコンのキーボードに乗る

キーボードに乗る猫

自宅でパソコンで仕事や作業をする方も増え、猫と過ごす時間が多くなったことでしょう。

飼い主さんの気を引こうと、パソコン周辺をウロウロ…。挙げ句にキーボードの上で眠ってしまうなんてこともありますよね。

キーボードが発する熱が温かくて気持ち良いのでしょう。仕事が進まず、「困ったなぁ」と思いつつも、なぜか憎めないですよね。

5.洋服を布団代わりにする

洋服の上に乗る猫

ふと気づくと、飼い主さんの洋服の上で眠っていることはありませんか?

飼い主さんの匂いのついた洋服は安心できるのでしょうね。

我が家の猫は、フワフワのセーターやフリース素材がお気に入り。気持ち良さそうにウットリしています。

しかし、洋服には猫の毛がビッシリ…。取るのに苦労しますが、それでもなぜか憎めないものです。

まとめ

人にくっつく猫

いかがでしたか?猫と一緒に暮らしていると、驚きの連続かもしれません。しかし同時に、ありのまま生きている猫の姿に癒され、愛おしい存在になるのかもしれませんね。

「猫の憎めない行動」はまだまだたくさんありますが、上手にコミュニケーションを取りながら、猫との暮らしを楽しんで頂けたらと思います。

スポンサーリンク