猫の毛色別でわかる『性格の特徴』4選

猫の毛色別でわかる『性格の特徴』4選

黒猫や白猫、茶色の猫、三毛猫など、猫の毛色の種類は多岐にわたります。毛色によって猫の見た目の印象は大きく変わりますが、実は毛色によって性格にも違いが出やすいということをご存知でしょうか。本記事では、毛色別に「猫の性格」を紹介していきます。

2785view

猫の毛の色によって性格はどう変わる?

こちらを見つめる三毛猫

猫の性格も、人間と同じように十人十色といえます。おとなしい子もいれば、フレンドリーで積極的な性格の子もいますよね。

猫の性格は遺伝や育ってきた環境など、さまざまなものが要因となって形成されていきますが、実は「毛色によって性格にも違いが出やすい」といわれているのです。

100%確実に毛色によって性格がはっきりと分かれる…というわけではありませんが、ざっくりとどのような性格に育ちやすいのか、以下の項目で毛色別に解説をしていきますので、参考にしていただけたら幸いです。

1.白猫の性格

自然界において「白い毛」というのは、目立ちやすい色といえます。そのため、白猫は日頃から周りに注意を配っていたり、賢く立ち回る傾向にあるといわれているのです。

とても繊細で、注意深い傾向にあるので「飼い主さん以外の人にはなかなか心を開かない…」といった白猫も少なくありません。

もちろん、全ての白猫がこのような性格というわけではなく、人懐っこい猫もたくさんいます。

2.黒猫の性格

黒猫は、外見だけ見ると「クールでカッコイイ猫」という印象が強いかもしれませんが、実は意外にもフレンドリーで甘えたがりな性格をしている傾向にあります。

ただし、なかにはフレンドリーとは正反対の”怖がりな性格”の子もいるようです。「黒猫=○○な性格」とは一概にはいえないようですね。

3.三毛猫の性格

ご存知の方も多いと思いますが、三毛猫のほとんどはメス猫です。オスの三毛猫は大変珍しいといわれています。

そのせいもあってか、メス猫は「気が強くてちょっぴりツンデレなお嬢様タイプ」の子が多い傾向にあるようです。

思いっきりデレデレと甘える時もあれば、いきなりそっぽを向いてクールに振る舞う時もある…といったような「猫らしい性格」といえるでしょう。

4.茶系の猫は柄によって性格が異なる!

キジトラや茶トラなど、茶系の猫は毛の模様がさまざまです。そのため、毛色によって性格が違うというよりも「毛の模様によって性格が異なる」といえるでしょう。

茶系の猫に関しても一概にはいえませんが、キジトラの猫は「ワイルドでクールなタイプ」、茶トラの猫は「甘えん坊でおっとりタイプ」といった感じで性格に違いが出る傾向にあるようです。

まとめ

丸くなって眠る猫

「〇色の猫は〇〇な性格」と断言することはできませんが、毛色によってある程度性格が分かれるのはとても興味深いですよね。

猫を飼っている人は、愛猫の毛色と性格を分析してみるのも面白いかもしれませんよ!

スポンサーリンク