天敵はコレ!猫が『生理的に大嫌い』なもの3つ

天敵はコレ!猫が『生理的に大嫌い』なもの3つ

猫の天敵といえばどんなものを想像しますか?自然界には天敵の多い猫ですが、家で飼われていても大嫌いなものはたくさんあるんです!本記事では、猫が「大嫌い」なものについてご紹介させて頂きたいと思います。

4890view

1.雷の音

雷を怖がる猫

猫は人間より遥かに聴覚が優れているので、大きな音が苦手です。そのため、突発的に鳴る上に、人間の耳ですら大きく聞こえる「雷」の音が大嫌い!

何度も聞けば慣れる猫も存在しますが、雷が鳴るとパニックになって隠れようとする猫も存在します。抱っこしているときに雷が鳴ったら慌てて逃げようとするため、爪などでケガをしてしまう飼い主も…!

人間でも苦手な人が少なくない雷は、猫にとっては驚異の爆音に感じてしまうのかも知れませんね。天気が悪くなり雷が鳴りそうなときは飼い主は慌てず、猫がなるべく落ち着けるように対策をしてあげてくださいね。

2.ヘビ

猫とヘビ

自然界で「ヘビ」は、猫の天敵の1つであると言われています。

家で飼われている猫が室内でヘビに遭遇する確率は高くありませんが、家にあるもので「ヘビに似た姿形」をしたものが苦手な猫も。

我が家の場合だと、家族の仕事用のベルトを大の苦手としている猫がいます。他のものはあまり怖がらない猫ですが、ベルトだけはバックルの金属音が聞こえただけで隠れてしまいます。うちの愛猫の場合は恐らく、ヘビを連想しているのだと思われます。

実際に本物のヘビを見たことがなくても、野生の本能で逃げなければいけない敵だと認識しているかのようですね。

3.爪切り

爪を切られる猫

「爪切り」は、本当に苦手な猫が多いですよね。

爪切りされることを察知した瞬間逃げる猫、抱かれて暴れる猫、唸りながら怒る猫、嫌々ながら観念する猫と反応は様々ですが、爪切が好きな猫というのは筆者は聞いたことがありません。

毎回必死で抵抗されるため、爪切りで苦労している飼い主も多いのではないでしょうか。続けていれば少しは慣れる場合もありますが、やっぱり爪切りは嫌!という猫は多いです。

敏感な部分の1つである手足を触られるのも嫌だし、爪を切るときの「パチン」という衝撃も嫌だし…という理由から猫は爪切りが苦手なようです。

まとめ

驚く子猫

上記以外にも猫によって怖がるものは様々です。大きな音など対策ができるものはしたほうがいいですが、爪切りなどのケアはどうしても必要なため愛猫と飼い主の我慢比べになることもありますよね。

なるべくストレスをかけさせず手早く終わらせられるように、ケアには猫も飼い主も慣れが必要です。

猫の天敵は自然界にもたくさん存在しますので、何か家にあるものを愛猫が怖がるようでしたら、なるべく目に入れないうように工夫などもしてあげたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク