猫を『病院嫌い』にさせてしまうNG行動4選

猫を『病院嫌い』にさせてしまうNG行動4選

具合が悪くなったときだけではなく、予防接種や定期検診など、猫を病院へ連れて行く機会はありますよね。病院を嫌がる猫は多いと思いますが、飼い主さんの何気ない行動が猫を「病院嫌い」にしてしまっているかもしれません。そんな飼い主さんのNG行動をご紹介します。

548view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.声を掛ける

猫を見つめる人

待合室という慣れない環境に、猫は不安を感じていることでしょう。

何度も病院へ行ったことがある猫は「病院=嫌な事される」と記憶しているため、恐怖で鳴いてしまうかもしれません。

飼い主さんは、そんな様子を見て、「大丈夫だよ」と声を掛け、キャリバッグに手を入れて、撫でてあげたくなりますよね。

猫を落ち着かせようと良かれと思ってやっているこの行動は、飼い主さんの不安が猫に伝わり、猫をますます不安にさせてしまいます。

ついやってしまいがちな行動ですが、猫に声を掛け、なだめるのはNG。そっと見守ってあげましょうね。

診察を待つ時間を出来るだけ短くするために、予約を入れたり、混雑状況を事前に電話で確認しておくと良いでしょう。

2.キャリーバッグから無理やり出す

キャリーバッグから覗く猫

いよいよ診察のとき、診察台では猫の不安や緊張感はピークに達しているでしょう。獣医師や看護師、見知らぬ人に囲まれ、鳴いたり暴れてしまうかもしれません。

飼い主さんとしては、迷惑をかけまいと無理やりキャリーバッグから出したくなるかもしれません。

しかし、無理強いは厳禁。獣医師の指示があるまではキャリーバッグからは出さずに、そっと見守りましょう。

キャリーバッグには前面だけではなく、上部が開くタイプがあります。猫がなかなか出てこなくても、上部を開け、そのまま診察出来る場合があります。

また、あまりにも暴れてしまう場合は「洗濯ネット」に猫を入れるのもオススメ。洗濯ネットの中では猫が落ち着いてくれると言われています。

3.獣医師に顔を向けさせる

抱っこされる猫

「先生にご挨拶」と言って、無理やり獣医師に顔を向けさせるのもNGです。

見知らぬ人といきなり目を合わせるのは、猫にとって恐怖を感じる瞬間でもあります。飼い主さんの顔が見える位置の方が、猫は安心出来るのです。

診察台に乗せたら、飼い主さんはむやみに手を出さずに、獣医師にお任せしましょうね。

4.大きい声を出す

注射を打たれる猫

猫が診察台の上で、不安そうな顔をしていたら、「○○ちゃん、頑張って!」などと大きな声で声を掛けたくなりますよね。

しかし、その大きな声に猫が反応し、さらに恐怖を感じてしまいます。また、暴れてしまったときに、「こら!ダメ!」と大きな声で叱るのも逆効果です。

まとめ

不機嫌な猫

いかがでしたか?猫はとても警戒心が強い動物。「キャリーバッグを出しただけで、家中を逃げ回る」なんてこともよくある話かもしれません。「キャリーバッグ=病院へ連れて行かれる」と認識しているからです。

だからと言って、病院へ連れていくことを避けることはできません。そういう時は、キャリーバッグを常に部屋に出しておき、入ることに慣れておくのも方法の1つです。

飼い主さんは出来るだけ猫にストレスを与えないよう、NG行動を参考にしてみてください!

スポンサーリンク