猫の『鳴き声』でわかる隠れた気持ち5つ

猫の『鳴き声』でわかる隠れた気持ち5つ

猫が発する鳴き声。可愛いものから恐ろしさを感じるものまで様々です。多くの声色を持つ猫ですが、そこには隠れている気持ちがあります。どのような鳴き声の時にどんな気持ちでいるのかを見て行きましょう。

3039view

1.ニャッ

鳴く猫

挨拶や「何?」と聞いたり、着地した時などに出る鳴き声です。短いのが特徴。愛猫にふと近づいた時、「ニャッ」と言われることはありませんか?きっと挨拶や「どうしたの?」などと聞いてくれているのでしょう。

また、高い場所から降りた時に「ニャッ」と出てしまうことも。人も反動で声が出てしまうことがありますが、猫も同じようです。親近感が持てます!

2.カッカッカッ

外を眺める子猫

いつもとちょっと違う「カッカッカッ」という変わった鳴き声を出すことがあります。窓際で外を眺めている時、鳥などを見つけたのかもしれません。とても興味を惹かれている時、ほぼ無意識に発している鳴き声なのだとか。

この鳴き声を「クラッキング」と呼びます。前述したように興奮で思わず発してしまうという理由以外に、捕まえたくても捕まえられない欲求不満の気持ちを表しているとも。その他、擬態して獲物を捕まえようとしているという説があります。

3.ウニャァァ〜ン

わがままをいう猫

「ウニャァァァ〜ン」と大きめに長く鳴く時は、何かを要求している時です。ご飯をちょうだい、遊んでなど飼い主さんにして欲しいことがあるのでしょう。ドアを開けて欲しい時も、ドア前に座って開けて貰えるまで要求します。

わがままが過ぎない程度に叶えてあげてください。全ての要求を聞いているとそれが当たり前だと認識してしまい、後々のお世話が大変になることがあります。必要なことは叶えてあげた方が良いですが、それ以外なら全部に対応するのは控えましょう。

4.シャーッ!ウーッ!

威嚇中

「シャーッ!」や「ウーッ!」は威嚇の時に発する鳴き声です。「それ以上近づくな!」「攻撃するぞ」と相手に警告をしています。

初対面の猫にこの鳴き声を上げられたことがある方は、多いのではないでしょうか?しつこく構おうとすると怒りの鉄拳が飛んでくる可能性がありますので、気をつけましょう。

5.ギャァァァ

叫ぶ猫

ものすごい恐怖を感じている、パニック状態の時などに発します。具体的には猫同士の喧嘩、痛みを感じたなど。かなり大きな鳴き声となることが多いですので、驚かされることがあるでしょう。

猫がこの鳴き声を上げている時は普通ではありませんので、注意してください。愛猫に何か不測の事態が起きたことも考えられます。何があったのかを早急に把握してあげましょう。

まとめ

ルークくん

猫は鳴き声で様々なことを伝えてくれています。なるべく愛猫の気持ちを察するようにして行きたいですね。それが分かれば、猫とのコミュニケーションがスムーズになることでしょう。この記事がその一助となれば幸いです。

スポンサーリンク