猫が肩や膝に『ちょこんと乗る』5つの心理

猫が肩や膝に『ちょこんと乗る』5つの心理

猫が肩や膝に、ちょこんと乗ってくることはありませんか?とても可愛い行動ですが、なぜそのようなことをしてくるのでしょう?猫が人の肩や膝に乗る心理を5つ、挙げてみました。ぜひチェックしてみてください。

2790view

1.あったかそうだと思った

肩乗り猫

ご存知のように猫は温かい場所が大好きです。そして自分が快適に過ごせるところを探すのが得意。人の肩や膝が猫のお眼鏡にかなったのでしょう。その為にちょこんと乗って暖を取ったのです。

乗られた方は嬉しいと同時に動けなくなって困る場合も。冬に良く見られる現象です。多頭飼いの場合は膝取り合戦が勃発することもありますので、巻き込まれてケガをしないようにご注意ください。

2.構って欲しい

構ってにゃん

構って欲しい為にちょこんと乗ってくることもあります。自分の存在をバッチリアピールしているのです。こんな時はできるだけ構ってあげると良いでしょう。

向こうから近づいて来た時はお触りOKでも、コチラが触りたい時は拒否されることがあります。その時になって「あの時触っておけば良かった!!」と後悔しても遅いです。猫自らがちょこんと乗って来た絶好のチャンスを逃さないようにしましょう。

3.甘えている

甘えん坊

甘えたいが為にちょこんと乗ってくる場合も。「乗ってもいい?」と様子を見ているのかもしれません。猫の性格によって我が物顔で乗ってくることもあれば、遠慮深い猫は飼い主さんの顔色を見つつ、そろ〜っと乗ってくるでしょう。

猫が甘えたいと思っている時は、思う存分甘えさせてあげることをオススメします。それで心が満たされれば、更に信頼関係を強固なものにできるでしょう。

4.リラックス中

膝乗り猫

リラックスしたい時に肩や膝に乗ってくることもあります。信頼できる人の上なら安心というわけでしょう。何かが起きた時に守って貰えるかもしれないですし。母猫のように思っているのでしょう。

上に乗ってリラックスした表情を見せられると、こちらも嬉しくなってしまいます。動けなくなってトイレを我慢する飼い主さんは多いようです。

5.抱っこを要求

抱っこは?

肩や膝にちょこんと乗ることで抱っこを要求する場合も。長く一緒に暮らしていると、だんだん猫が何を要求しているのか分かってくるでしょう。

たくさん可愛がってベタベタすると猫も喜んでくれそうです。ただ猫の場合、向こうから抱っこを要求して来たくせに満足すると「やめてよ!」と突然キバを剥く場合があります。十分にご注意ください。

まとめ

えのきくん

どんな心理にせよ、猫がちょこんと乗って来てくれると嬉しいものです。信頼していなければ近づくこともないのですから。あなたを信じてちょこんと乗ってくる猫を、たくさん愛でてあげてくださいね!

スポンサーリンク