猫の飼い主が注意すべき『買い物アイテム』5つ

猫の飼い主が注意すべき『買い物アイテム』5つ

普段何の気なしに買って使っている日用品ですが、実は猫の体にとっては体に悪影響があるかもしれません。知らずに愛猫に負担をかけてしまわないよう、注意すべきアイテムをチェックしていきましょう。予防が大切です。

480view

1.ハンドクリーム

ハンドクリーム

手がカサカサしてしまう時に重宝するハンドクリーム。使用している飼い主さんは多いでしょう。ですがこれが意外にも愛猫に害を与えてしまう場合があるのです。

少量であればさほど影響はないかもしれませんが、毎日のように舐めていると体調不良になってしまうかもしれません。ハンドクリームにはアロマオイルが使われているものもあり、特に猫の体には良くない場合があります。

というのも、猫は人のようにアロマオイルを体内で分解できないからです。その為、成分が蓄積してしまい体調に影響が出てくる場合があります。全てのアロマオイルがNGとは言い切れないのですが安全なアロマオイルも現時点では証明されていないので、猫には極力触れさせないようにするのがベストです。

2.化粧品

化粧品

飼い主さんがお化粧品を使った後で猫に頬ずりしたり触れたりすると、被毛に付いてしまうことがあります。猫は毛づくろいをする動物ですから、口に入ってしまうのです。十分に気をつけてあげましょう。化粧品の使用後は、猫とは距離を取る方が良いかもしれません。

3.殺虫剤

殺虫剤

現在日本で販売されている殺虫剤のほとんどは、猫に害がない成分で作られています。ですので過剰に心配する必要はないのですが…。ただやはり大量に吸い込む、飲み込むなどすると害が出る場合があります。扱いには注意していきましょう。

また殺虫剤を購入する前に一度、商品の注意書きを読んで猫に害がないかを確認すると安心です。

4.猫用シャンプー

猫用シャンプー

猫用シャンプーは猫用に作られているのに、気をつけなければいけないの?と思われるかもしれません。はい、実はそうなのです。

たとえ「猫用」と謳っていたとしても発ガン性が疑われるものや中毒を引き起こしたことのある成分が含まれている場合があるからです。

具体的には「ジエタノールアミン」「フェノトリン」「ティーツリーオイル」が入っている猫用シャンプーは避けた方が良いでしょう。購入する前に必ず成分を確認し、猫に安全かどうかを確かめてください。また人用シャンプーは刺激が強すぎるので絶対に使わないようにしましょう。

5.消臭剤

消臭剤

シュッシュッとふりかけ便利に使える消臭剤ですが、その成分の中にも猫に害があるものが含まれているかもしれません。日本では布用消臭剤の全成分を表示する義務はありませんので、全てを知ることは残念ながらできないのです。もしご心配なら、メーカー自らが全成分を明らかにしているような消臭剤を使うと良いでしょう。

まとめ

買い物する猫

人と猫では受け付けられる成分や中毒を起こすものが違っているので中々難しい部分があります。愛猫の健康維持の為、室内で使うものには常に目を光らせておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク