猫が死ぬ間際に飼い主に伝えたいこと3つ

猫が死ぬ間際に飼い主に伝えたいこと3つ

猫は、大切に育ててくれた人への恩を忘れることはありません。別れ際にも、愛猫なりの方法でメッセージを伝えてくれます。今回は、最期の時に飼い主さんに伝えたい想いについてご紹介いたします。

11672view

天国へと旅立つ猫があなたに伝えたいこと

鼻を舐める猫

猫も私たちのように、様々な想いを抱いています。そして最期の瞬間も、大切な飼い主さんに伝えたいことがあるようです。

死期を悟った猫に多い行動や、不思議な体験を元に愛猫の気持ちについて触れてみたいと思います。

1.感謝の気持ち

穴から顔を出す猫

お別れの時が近づくと、これまで動けなかったのが嘘のように元気になることがあります。この現象は「エンジェルタイム」と呼ばれ、とても神秘的な時間です。

最後に残された力を使い、愛猫は飼い主さんに感謝の気持ちを精一杯伝えようとします。家族になれたこと、イタズラをして怒らせてしまっても最終的には笑って許してくれたこと…思い出は尽きないでしょう。

2.あまり悲しまないでほしい

挨拶する猫

大切な家族である愛猫との別れはとても辛いものです。悲しくないはずがありません。それでも愛猫は、飼い主さんが悲しみの渦に飲み込まれてしまうことを望みません。

少しの間、思いっきり悲しんだら元気になってほしい。そう願っています。これは言い伝えですが、猫にはそれぞれ役割を持って生きているそうです。その任務が達成したとき、すなわち飼い主さんが幸せになれたら満足して旅立つことができると言われています。

3.ずっとずっと見守っているよ

タッチする猫

実体としての愛猫は去ってしまっても、繋がりが途絶えてしまうわけではありません。亡くなったあとも、愛猫はずっと見守り続けたいと思っています。

何気ない日常の中で愛猫を思い出すときが、天国へと旅立った愛猫と通じ合えた瞬間なのかもしれません。夢に出てきたり、家の中でふと気配を感じたという不思議な体験をされる方も時々いらっしゃるそうです。

亡くなった愛猫とはもう会えないの?

猫の天使

生前の姿(実体)を通して再会することは難しいでしょう。しかし、愛猫と再会することが不可能とは限りません。猫にまつわる伝承をいくつかご紹介いたします。

虹の橋のたもとで会える

虹の橋の猫たち

猫や犬などの動物たちは死後、天国の少し手前にある「虹の橋のたもと」へと旅立つという言い伝えがあります。病気や障がいから解放され、元気な子猫として幸せに過ごすのだそうです。

そこで飼い主さんが無事に天寿をまっとうする様子を見守っています。そして、飼い主さんが天国へと旅立った後に虹の橋を一緒に渡ると言われています。

毛皮を着替えて帰ってくる

子猫の集団

飼い主さんがまだ若い場合、別の猫や動物として生まれ変わり帰って来ることがあるそうです。たとえ容姿が変わってしまっても、不思議と気がつくものです。

少し戸惑いを感じるかもしれません。戻ってきてくれた愛猫に感謝しつつ、別の子として大切にしてあげましょう。

まとめ

リラックスする猫

愛する猫との別れは、心をえぐられるような感覚に陥るでしょう。その現実を受け入れて、立ち直るまでには時間がかかってしまうこともあります。でもそれでいいのです。焦らずに、少しずつ新たな1歩を踏み出してください。

愛猫はいつもそばに寄り添っています。見守ってくれています。会いたくなったら、思い出してあげてください。涙で視界が霞んだままでは、あなたを求めている存在に気づきにくくなってしまいます。

スポンサーリンク