猫が『日向ぼっこ』を好きな理由は?そこに隠された3つの効果と注意点

猫が『日向ぼっこ』を好きな理由は?そこに隠された3つの効果と注意点

猫も人間同様自然環境を生活に役立てて生きてきました。とりわけ、日向ぼっこが大好きなイメージですよね♡ 猫が日向ぼっこをする理由について整理したいと思います。

1074view

暖かいから好き

熟睡する猫

言わずもがな「あたたかいニャ〜」という理由が一番でしょう。昔から日向ぼっこと猫はセットのように語られてきましたよね。

猫が寛いで寝ている場所は「家の中で一番気持ち良い場所」と言われているように、猫達は季節や環境の中で最適な居心地の良さを発見する天才です。暖かい場所にいるとリラックスしてウトウトできるので、眠るのに適しています。

1.体を乾かす

パリの外にいる猫

猫は体が濡れるのをとても嫌がります。その理由は、イエネコの祖先が「リビアヤマネコ」であり、朝と晩の気温差の激しい赤道地区に住んでいたため、と言われています。

40度近くになる場所に住めば、多少濡れていても問題ないと思えます。しかし、夜は氷点下近くまで下がり、乾かなければ命を落としてしまうので、体がしっかりと乾燥していることは猫にとってとても大切なのです。

2.省エネ対策

窓際で寝ている猫

肉食動物は瞬発力で狩りを行うため、普段は省エネのために眠っています。寝ている間は恒温動物なので、一定の体温を保とうと体が機能しています。

しかし、熱を生み出すには大きなエネルギーを必要とします。そのエネルギーを日向ぼっこをすることで自然の太陽から受け取ることができるために「省エネ」なのですね。

3.殺菌作用

空を見上げる猫

適度に太陽の光を浴びることで殺菌作用、すなわち細菌やウイルス、ダニなどの繁殖を防ぐ事が期待できます。ビタミンDの形成にも役に立っているという説が有効でしたが、人間と違い、猫にはその効果はないようです。

注意するべき点

網戸にはりつく猫

太陽は、生きとし生けるものの大切なエネルギー源です。

しかし問題点として、日向ぼっこ中の「落下」があります。程よい高さから落ちるのであれば問題無いですが、二階以上から落下すると運動神経の抜群な猫でも命の危険に関わります。落下防止対策を施していない場所へ猫を行かせないようにする事が大切です。

なお、集合住宅にあるベランダは、個人の占有部分ではなく、あくまでも集合住宅の共有部分なので、そもそも猫を出すべきではありません。

どんなに日向が気持ち良くても、長時間太陽に当たっていると脱水症状、熱中症、日焼けなど、皮膚トラブルにも発展します。特に白い猫は基本的に日向ぼっこをあまり好みません。

猫が直射日光に当たってしまう場所には、レースのカーテンを下げるなど、日除けの準備をするとよいでしょう。

まとめ

窓際で考える猫

猫が『日向ぼっこ』を好きな理由は?隠れた3つの効果と注意点についてお伝えいたしました。

わが家の猫は白いので、ほぼ日向ぼっこをしません。しかし、夕暮れやカーテン越しには近づいて、太陽の恵みを浴びています。

人間は時代と共に敏感さを失い、哀しいくらい鈍感になってしまいました。猫と暮らしている我々は猫の敏感さを見習って、しっかりと生きていきたいですね。

スポンサーリンク