猫は『ちくわ』を与えても大丈夫?注意すべきこと5つ

猫は『ちくわ』を与えても大丈夫?注意すべきこと5つ

ちくわは魚が原料の為、何となく猫との相性が良いように感じてしまいます。そして猫も食べたそうにしている為「ちょっとだけなら…」と与えてしまうことがあるかもしれません。でも本当に与えても大丈夫なのでしょうか?

1671view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.与えるのは避けましょう

ちくわ

専門家によって「少量なら与えても大丈夫」という意見と「与えてはいけない」という意見に分かれます。どちらが正しいのか迷うところですが、ちくわは猫に必須な食材ではない為、与えない方が無難でしょう。

2.塩分が多い

塩

猫に与えない方が良い理由として「塩分が多い」ことが挙げられます。与える量にもよりますが、キャットフードから摂取する量にちくわの塩分量がプラスされ、多すぎてしまうリスクがあります。

塩分が多いと腎臓に負担がかかり、腎臓病や心臓病になってしまうかもしれません。十分に注意してください。また既に腎臓や心臓に持病がある場合にも与えない方が良いでしょう。

3.添加物

添加物

様々な添加物が含まれているのも、猫にちくわを与えない方が良い理由の一つです。加工でんぷんや保存料、着色料などです。発ガン性やDNAに損傷を与えるリスクが指摘されています。

体の大きな人間ならばさほど影響はないかもしれませんが、人よりはるかに小さな猫には負担となる可能性が。このような理由から、ちくわは与えない方が無難だと考えられます。

4.アレルギー

魚

ちくわの原料は魚です。その魚自体にアレルギーがある場合があります。下痢や嘔吐、かゆみなどを起こしてしまうかもしれません。これまでアレルギーがなくても、突然出る場合があります。気をつけましょう。

5.栄養バランスが崩れる

栄養バランス

魚で作られたちくわを好む猫もいるでしょう。大好きなら、与えれば与えるだけ食べてしまうかもしれません。するとお腹いっぱいになってしまい、必要なキャットフードが食べられなくなってしまうかも。

そうなると栄養バランスが崩れるのは目に見えています。またちくわに含まれる成分が、猫に必要な栄養の吸収を阻害してしまう可能性も。そのようなことにならないようにしなければいけません。

まとめ

疑問

飼い主さんがちくわを食べていると、匂いにつられた猫が欲しがって可愛くおねだりするかもしれません。ついつい与えたくなってしまいますが、それは危険です。

ちくわを猫に与えることのリスクを把握し、安易に与えることのないようにしてください。猫の健康を守れるのは飼い主さんだけです。繰り返しますが、ちくわは猫にとって必要な食べ物ではありません。そのことをしっかりと把握しておきたいですね。愛猫に危険が及ばないよう注意してあげましょう!

スポンサーリンク