猫に『近づくと怒ってくる』ときの理由5つ

猫に『近づくと怒ってくる』ときの理由5つ

猫に近づこうとしたらなぜか怒られてしまった…。こんなご経験はありませんか?それにはれっきとした理由があるのです。代表的なものを5つ挙げてみました。ぜひチェックしてみてください。

854view

1.距離が近い

睨む猫

猫との距離が近すぎると、怒ることがあります。特にまだ信頼関係が築けていない猫の場合は警戒している為、近づき過ぎると「シャーッ!」などと声をあげるでしょう。

初対面の猫などは2m程度が適当のようです。それ以上近づくと怒られてしまうでしょう。あまり刺激しないよう、少しずつ近づくことをオススメします。

2.嫌なことをされて怖がっている

怖がる猫

何か猫が嫌だと思うことをされた為に怖がって、近づくと怒るのかもしれません。例えば、無理やり抱っこされたとか脅かされたとか…。

理由は様々ですが危険な思いをするとそれが記憶にインプットされ「あの人は危険だ!」と覚えてしまうことがあります。ですからその対象の人が近づくと危ないと思い、自分の身を守る為に近づくのでしょう。

3.体調不良

体調が悪そうな猫

体調不良の時は構われるのを嫌がることがあります。いつも以上に警戒心が強くなっている為、近づかれるとそれだけで怒ってしまうのでしょう。

体調が悪いとどこかへ隠れてずっと出てこなかったり、いつもと違う様子が見られたりします。しっかりと愛猫を観察して早めに気づいてあげるようにしてください。そして異常がありそうならすぐ、動物病院へ連れて行きましょう!

4.それ以上くるにゃ!

不満気な猫

「それ以上来るんじゃにゃい!」と近づいて来た人に警告をしている場合も。特に臆病な猫が行う傾向にあります。これを無視してしまうと攻撃してくるかもしれません。または嫌われてしまうことがありますので、十分にご注意ください。

近づいて来て欲しくないことを全力でアピールしているのに無視されたら、ストレスを溜めてしまうかもしれません。猫は繊細な生き物ですので、気をつけてあげましょう。

5.すぐ攻撃できることをアピール

飛びかかってきそうな猫

近づいた時に頭を低くし、背中を丸めている時は「すぐに攻撃できるんだぞ!」と伝えています。近づかないのが無難です。猫の気持ちに気づかず近づくと、攻撃されてしまうかもしれません。

なぜなら、猫に向かって近づくだけでも攻撃とみなされる可能性があるからです。その為、猫と本気でやり合う気がないなら早急に遠のきましょう。

まとめ

不機嫌な猫

近づくと怒る時はお世辞にも「ご機嫌」とは言えない時なので、下手に距離を詰めて刺激するのは避けましょう。できれば遠くから見守り、猫の方から近づいて来るのを待つのがベストです。無理に近づくのは賢いとは言えない選択です。

スポンサーリンク