猫の飼い主をメロメロにする『あざとい』行動5つ

猫の飼い主をメロメロにする『あざとい』行動5つ

猫の行動を見ていると「あざとい!」と思うこと、ありませんか?多くの飼い主さんが感じています。あざとい猫の行動を挙げればキリがありませんが、代表的なものを5つピックアップしてみました。ぜひチェックしてみてください!

1004view

1.かわいい声を出す

鳴く猫

高くって甘えたような声で飼い主さんを翻弄します。絶対に「かわいい」って分かっていそうな行動です。なんとおねだりする時だけ、必殺のかわいい声を上げる猫もいるのだとか。確信犯です。

一体どこでそんな技を覚えたのでしょうか?飼い主さんとの関わりの中で培ったのかもしれません。たまたまかわいい声を出した時に飼い主さんが言う事を聞いてくれたのかも。

愛猫がここぞという時に発する必殺ボイスに、翻弄されてしまう飼い主さんは多いです。

2.上目遣い

上目遣いの猫

あの大きなウルウルした目で、上目遣いをして飼い主さんをメロメロにしてしまいます。何かの要求がある時や甘えたい時など、目ヂカラで意のままに操るのです。猫ってすごいと思う瞬間です。

ただでさえあのかわいい目で見つめられたら、思わずいうことを聞いてしまうのに…。本当に猫は飼い主さんを操るのが上手です。あざといと分かっていてもメロメロになってしまう方、続出です!

3.スリスリ

スリスリする猫

猫といえばお得意なのが「スリスリ」。ふわふわの頰をこすりつけ、飼い主さんをメロメロにします。少しくすぐったいこともあるのですが、スリスリされると思わずにんまりしてしまいます。

恐らくはスリスリだけでなく、上目遣いや鳴き声も併用して更に飼い主さんにメロメロ攻撃を仕掛けてくるでしょう。この罠にかかったら、もう後戻りはできないかもしれません。猫のいうことを聞くしかなくなってしまうでしょう。

4.ゴロン

ゴロン

飼い主さんの目の前で突然、ゴロンと寝転んでもふもふのお腹を見せてくる必殺技です。これをされて顔がほころばない飼い主さんはいないでしょう。

甘えたい時や安心している時の仕草なので、信頼している相手にしか見せない姿です。ただお腹を触って欲しいわけではないので、そこは誤解しないように気をつけましょう。

触っても平気な場合もありますが、突如として怒られることがあるかもしれません。その態度の豹変ぶりに驚かされてしまいそうです。

5.確信犯

ほくそ笑む猫

どう考えても確信犯だとしか思えない行動をとることがあります。例えば、ご飯やおやつを既に食べたのに食べていないフリをして他の家族におねだりをする、わざとおもちゃを落として飼い主さんの注意を引くなどです。

猫と暮らしていると確信犯だと思うこと、たくさんありますよね?相手の気持ちを察するのが得意で賢い動物なので、どうすれば飼い主さんが自分の為に動いてくれるのかを熟知しているのかもしれません。

まとめ

ナナちゃん

いかがでしたでしょうか?猫はありとあらゆるあざとい方法を使って飼い主さんをメロメロしてします。愛猫に翻弄された覚えのある方は多いでしょう。というか全ての飼い主さんがそうなのではないでしょうか?

猫のあざとさもうまく使えば人付き合いに有効に働くかもしれません。くれぐれも悪用は厳禁です!

スポンサーリンク