猫の『脱走防止』対策5つ!おすすめのグッズとは?

猫の『脱走防止』対策5つ!おすすめのグッズとは?

猫を飼う上で四六時中気をつけておきたいのが「脱走」です。普段は興味なさそうな顔をしていても、意外とスキを狙っている場合があります。気がついたらいなくなっていた…ということがないようにしっかりと対策していきましょう!

1333view

1.戸締りをしっかり

戸締り

猫の脱走を防止するには当たり前過ぎるかもしれませんが「戸締り」をしっかりと行いましょう。うっかり窓が開いていた、猫がドアを開けてしまったなどで脱走してしまうことがあるのです。

とても基本的なことですが意外とおろそかにしがちな部分でもあります。もし自分の不注意で愛猫が脱走してしまったら、たとえようのない後悔が生まれてしまうでしょう。しっかり戸締りして行きましょう!

2.脱走防止用フェンス

フェンス

脱走を防止する為のフェンスを設置すると高確率で防ぐことができます。ただフェンスによっては防ぎきれない場合がありますので、選ぶのには注意した方が良いでしょう。

ポイントは「高さ」と「柵の幅」です。猫はジャンプ力がありますので、低いフェンスは軽々と飛び越えてしまいます。また柵の幅が広いとひょいっとすり抜けてしまうでしょう。

猫用と銘打っていても脱走されてしまうことがあるようです。フェンス選びは慎重に行ってください。

3.網戸対策

網戸

窓を開けた時、網戸だけにしておくことは多いと思いますが…。この網戸を器用に開けてしまう猫がいます。または突き破ってしまう場合も。

網戸を開けさせない為にはロックをつけましょう。数百円で販売されていますので、手軽に脱走を防止することができます。

また突き破ってしまう猫には金属製の網戸をつけるのがオススメです。探せばたくさんの商品がありますので、最適なものを選んでください。目が細かいので爪を引っ掛けても登るのも防ぐことができます。探してみてください。

4.ベランダネット

ベランダ

少しでも外の空気を味わわせたいと、猫をベランダに出す飼い主さんは多いでしょう。それ自体悪いことではありませんが、脱走には注意したいところです。

ベランダネットを張るなどして逃げないようにしてあげましょう。外の世界を知らない猫がただ興味を持って出て行ってしまうかもしれません。

ご存知のように猫にとって外はとても危険な場所です。何も知らない愛猫がのんきに出て行ったら、大変な目に遭う可能性もあるのです。最悪の場合は帰ってこない…。なんてことも考えられます。

ベランダに猫を出す場合は必ず、脱走防止策を施しましょう。

5.移動時も注意

キャリーに入る猫

猫を動物病院などに連れていく時や引越し時の脱走にも注意が必要です。普段と違う環境や移動に戸惑い、パニックになって逃げ出してしまうかもしれません。

絶対に逃げ出さないよう、洗濯ネットに入れた上でキャリーに入れる、リードをつけておくなどして対策しましょう。

まとめ

脱走しそうな猫

猫の脱走ほどショッキングな事件はありません。残された飼い主さんは気が気ではなくなってしまいます。最悪のケースにならないよう、脱走防止策はしっかりと行っておきましょう!

スポンサーリンク