猫トイレの絶対NGな置き場所5つ!粗相やストレスに繋がる可能性も!

猫トイレの絶対NGな置き場所5つ!粗相やストレスに繋がる可能性も!

猫トイレをどこに設置していますか?もしかしたらその場所は、置き場所としては適していないかもしれません。絶対NGな場所に置いてしまうと、粗相やストレスの原因になることがあります。是非チェックしてみてください。

3421view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.寒い場所

トイレットペーパーと猫

寒い場所に猫トイレを置くのはNGです。嫌がって我慢してしまう可能性があるからです。飼い主さんも寒いトイレを使うのは躊躇すると思います。それは猫も同じなのです。

ですから特に冬は温かい場所に置いてあげるようにしてください。ただでさえ飲水量が減り、泌尿器系の病気が増える季節です。猫の健康を維持する為、置き場所には気をつけてあげましょう。

2.落ち着かない場所

上を見上げる猫

猫は静かで落ち着く場所で用を足したがります。その為、人が良く通るような落ち着かない場所では嫌がってしまうでしょう。なるべく静かで人目につかないところを選んであげてください。

ベストな場所はリビングです。リビングの隅など比較的落ち着ける場所に設置してあげましょう。猫の排泄の様子が分かりますし、すぐに掃除することができます。

3.玄関、廊下

トイレから出てくる猫

玄関や廊下に猫トイレを置く飼い主さんは多いようなのですが…。実はあまり置き場所としては適していません。なぜなら寒かったり風通しが良かったりするからです。

寒いと前述したように猫が我慢して泌尿器系の病気になってしまうリスクがあります。また風通しが良いと排泄物の匂いが部屋中に拡散されてしまうかもしれません。

ですから玄関や廊下は避けた方が良いでしょう。

4.窓際

子猫

窓際なら温かいし、お日様の光に当たりながらできるから気持ちよさそう、と思うかもしれません。

ですが意外と不向きなのです。例えば排泄中に窓から野良猫の姿が見えたらどうでしょう?途端に落ち着かなくなってしまいます。恐怖を感じる場合もあるでしょう。すると猫は次からそのトイレを使わなくなってしまう可能性があります。

また温かい場所ゆえに雑菌などの繁殖が促進されてしまう可能性も。窓際は避け、猫が安心して用を足せる場所に設置してあげてください。

5.クローゼットや押入れ

トイレ中

クローゼットや押入れなら安心できるのでは?と考えてしまいますが、実はココもNGです。匂いがこもってしまったりカビが生えやすかったりします。

飼い主さんの洋服などがあれば、猫のあのキツい排泄物の匂いが染み込んでしまうでしょう。排泄の様子をチェックするのも難しいので、あまり適しているとはいえません。

まとめ

匂いを嗅ぐ猫

猫トイレは適当に置けばOKというものではありません。飼い主さんが排泄の様子をチェックでき、なおかつ猫が落ち着いて用を足せる場所が最適です。

家の中でそんな場所を探してみてください。もしなければ、猫トイレをダンボールで覆うなどすると落ち着ける場所に早変わりします。色々と試してみてください。

スポンサーリンク