猫を『バルコニー』に出す時に注意すべきこと5つ

猫を『バルコニー』に出す時に注意すべきこと5つ

猫をバルコニーに出すかどうか、迷うことはありませんか?出しても大丈夫なのか?でも興味を持っていそうだし…。愛猫をバルコニーに出すかどうかは飼い主さんの判断次第ですが、もし出す場合に注意したい点を5つ挙げてみました。チェックされてみてください!

798view

1.脱走防止

上を見上げる猫

猫をバルコニーに出すと、そのまま脱走してしまう恐れがあります。外の世界に直結している場所だからです。日頃から外に興味を持っている猫なら、バルコニーに出た途端に脱走してしまっても不思議ではありません。

ご存知のように外の世界は猫にとっての危険で溢れています。事故に遭ったり野良猫と喧嘩したりする可能性がゼロではありません。

バルコニーに出したら脱走して帰って来ない、という悲しいことにならないよう、十分に注意しましょう。

2.落下防止

後ろを振り返る猫

猫をバルコニーに出すことで気をつけたいことが、落下です。高い場所から落ちてもうまく着地することがありますが、100%そうとはいえません。

中には大ケガや最悪の場合は命を落としてしまう場合もあります。バルコニーに出したことが原因で悲劇が起きないように落下防止に努めましょう。

3.外に出たいと誤解しない

外を眺める猫

窓から外をじっと眺めていたりバルコニーに出たがったりすると「外に出たいのかな?」と思ってしまうかもしれません。ですがそれは誤解です。

猫は外に出たいわけではなく、自分のナワバリを監視しているのです。また動く鳥や人、車などを見て楽しんでいるという面もあります。

ですから安易に猫を外に出さないようにご注意ください。彼らにとって危険がたくさんありますので、誤解して何の対策もしていないバルコニーに出さないようにしましょう。

4.お隣に行かないように

こちらを見る猫

猫をバルコニーに出すことで起こりがちなのが、お隣さんへ遊びに行ってしまうことです。狭い場所の擦り抜けやジャンプが得意な猫ならやりかねません。ましてや彼らに「ここはお隣さんだから入っちゃダメにゃ」などという概念はありません。

お隣さんも突然の珍入者に驚いてしまうでしょう。前を通り過ぎるだけならまだしも、その家の猫との喧嘩や排泄などで問題となることがあるかもしれません。

そうなると猫も飼い主さんも気まずい思いをしてしまうでしょう。猫がお隣に行かないよう、バリケードを設けるなどしてしっかりと対策していきましょう。

5.リードをつける

リードをつけた猫

猫にリードをつけてバルコニーに出せば、比較的安全に過ごさせることができるでしょう。脱走も落下も防げます。

ただ予想外のことが起こらないとは限りませんので、必ず飼い主さん監視の元でバルコニーに出すようにしてください。

何かがあってからでは遅いのです。しっかりと見張っておきましょう。

まとめ

くつろぐ猫たち

バルコニーに猫を出すのは危険もありますが、きちんと対策すればメリットが増えます。気分転換や外の空気を楽しむことができますので、上手に利用しましょう。愛猫が安全にバルコニーを楽しめるようにしてあげてください。

スポンサーリンク