猫の『自動トイレ』ってどんなもの?メリットとデメリットを検証

猫の『自動トイレ』ってどんなもの?メリットとデメリットを検証

自動で猫の排泄物を掃除してくれる「自動トイレ」。気になったことはありませんか?どんなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか?まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください!

680view

メリット1.清潔を保てる

笑う猫

自動トイレは猫がトイレの中に入るとセンサーが作動し、排泄物を自動的に取り除いてくれる優れものです。ですから留守番が多いお宅の場合でも、トイレをいつでも清潔に保つことができます。

またすぐに排泄物を取り除いてくれますので、匂いが広がることも少ないでしょう。部屋の空気もキレイに保てます。溜まった排泄物は袋に入っているので、それを捨てれば良いだけ。非常に楽です。

メリット2.猫も飼い主さんも快適

座る子猫

猫にしてみたら、いつもトイレがキレイというのはポイントが高いです。それだけで快適に過ごすことができるでしょう。

また飼い主さんもトイレ掃除の手間が省け、いちいち「したかな?」と気にしなくて良いので気が楽になります。

猫も飼い主さんも快適なのが自動トイレのメリットです。

デメリット1.置き場所に困る

困り気味の猫

自動トイレはとても便利なものですが、本体が大きいのがネックになる場合があるでしょう。置き場所に困ってしまうかもしれません。

かといって寒い場所や落ち着かない場所に置くと、猫の快適な排泄を妨げてしまいます。猫のトイレを置くのはリビングがベストだといわれていますが、リビングに十分なスペースがない場合に困る、というデメリットが挙げられます。

デメリット2.値段が高い

お金と猫

便利ゆえにお値段もそこそこするのがデメリットでしょう。通常の自動でないトイレが数千円で購入できるのに対し、自動トイレは数万円はします。

また部品が壊れる、専用の猫砂が必要などで維持費がかかることも。利便性と引き換えにコストがかかることは織り込み済みで購入する必要があります。

デメリット3.猫が使ってくれない

そっぽを向く猫

最悪にして最大のデメリットといえば、肝心の猫が使ってくれないことです。トイレにこだわりがある猫は多く、もし気に入らなければ全くの無視、という可能性がゼロではありません。

そこまで音は大きくないものの、聞き慣れないモーター音に警戒心を抱く場合もあるでしょう。怖がりな猫は怖がって使ってくれないかもしれません。

まとめ

メリット

自動トイレは猫飼いさんならば誰もが一度は購入を考えたことがあるのではないでしょうか?メリットがたくさんありますが同時にデメリットもありますので、兼ね合いが難しいところです。

ですが留守番が多いお宅の場合は便利に感じることが多いかもしれません。他にもトイレの回数が増えた、旅行や外出がしやすくなったなどのメリットもありました。

使うかどうかは飼い主さん次第ですが、前向きに検討してみても良さそうですね!

スポンサーリンク