『尻尾ビンタ』!?猫が飼い主を尻尾で叩いてくる理由4つ

『尻尾ビンタ』!?猫が飼い主を尻尾で叩いてくる理由4つ

そもそも猫のお尻の側に顔をスタンバイさせる飼い主さんのミスだと思うのです。猫はお尻を向けてやって来るものだし、飼い主さんは猫に少しでも近づこうとする!でもね。ビンタされたと感じるほど猫が尻尾が当ててくるのには理由があるんです。猫が尻尾を当ててくる?叩いてくる?理由4つ。例を挙げてご紹介しますね。

1262view

1.ご飯ちょうだい!

向こうを向いた白猫3匹
  • 例えばあなたはパソコンで作業をしています。

そろそろ猫のご飯タイムで、あなたの猫は足元で可愛くアピール中。でもパソコンに夢中のあなたは上の空。ちっともご飯を用意してくれません。

そんな時猫はえいやっとテーブルに上り、強硬手段に訴えます。甘えた声と一緒に顔を寄せ胴体を寄せ、最期に尻尾を絡ませます。その時ちょっと尻尾に力が入るのはご愛敬です。だってそれが猫のおねだりなんですから。

2.あいつどうにかして!

尻尾を掲げてこちらに来る猫
  • 例えばあなたがテレビを見ていると、猫がズカズカとやってきて背中を見せて座りました。

箱座りする視線の向こうには、新しく来たばかりの子猫が自分のベッドで眠っています。どかしたいけどでもまだ触るのは怖い。だからあなたに訴えにきた。不満のあまり、しっぽはぶんぶんです。

その時猫のお尻が顔の側にあれば、当然往復ビンタです。猫は何か起きた時、背中と尻尾で怒りや不満をぶつけてきます。そんな時には話を聞いて、たくさん慰めてあげましょうね。

3.うれしい!うれしい!

寄り添う茶トラの親子
  • 例えばあなたはお出かけから帰って来ました。

お留守番が寂しかった猫は大喜び。ニャーニャーすりすり大変です。もしその時上がりかまちが少し高ければ?行ったり来たりする尻尾に邪魔され、靴の紐がなかなか解けないことでしょう。

猫はうれしい時、頭も身体もしっぽもすりつけて喜びを表現します。自分の匂いつけだといわれますが、外の匂いを消して家の匂いを付け直す、お風呂みたいな意味があるのかもしれませんね。

4.こんにちはー!

尻尾を絡ませるキジトラ2匹
  • 例えばあなたには可愛い野良猫の友だちがいます。

いつもの公園にやって来ると、いつものあの子が駆け寄ってくる。そしてどーん!と体当たり。あなたもしゃがんで撫で撫でのお返しを。その時ピンピンに伸びた尻尾が何度も顔に当たります。

ピンと立った尻尾はこんにちはの印。大歓迎の印でもあるのです。

まとめ

天寅♂ / 1歳 / ベンガル / 4.6kg

猫の尻尾はおしゃべりで、いつも何か心の内を表現しています。感情が高ぶれば尻尾は大きく動き、好きな人に出会えば真っ直ぐ天に向かって掲げられます。その時猫と高さを合わせれば尻尾が顔を襲います。でもビンタだなんてとんでもない!猫は大きな声でお話をしているのです。

『尻尾ビンタ』は猫とうんと仲良しでなければしてもらえません。猫に尻尾で叩かれたなら、あなたはその子の親代わり。あるいは大切なお友だちだと認められたということです。

スポンサーリンク