猫が追いかけられると逃げてしまう心理3つ

猫が追いかけられると逃げてしまう心理3つ

猫は捕まえようと追いかけるほど激しく逃げてしまいます。これは猫の本能的な行動で、無理に捕まえようとすると飼い主さんとの信頼関係を壊してしまう恐れがあります。中には「追いかけっこ」で遊んでいる場合も?今回は「なぜ猫は追いかけると逃げるのか」について解説いたします。

1203view

1.怖いから

ダンボールから覗く猫

猫の祖先は「ミアキス」という動物であったと考えられています。ミアキスは木の上で生活をしていた小動物で、獲物を捕る側でもあり他の動物に狙われる側でもありました。そして猫は単独で行動をすることもあり、自分の身を守る意識がとても高い動物です。

そのため猫は恐怖に対してとても敏感で、少しでも怖いことが起こると防御や逃走の姿勢になります。追いかけると逃げるのはこのような本能的に身を守る意識によると考えられます。

2.嫌な記憶があるから

ドアから覗く子猫

猫は身を守る意識が強いため、過去に経験した「嫌だったこと」をよく覚えています。たとえば「捕まえられて爪切りをされて怖かった」「捕まえられてキャリーバッグに入れられたら病院に連れて行かれた」というような、追いかけられて捕まえられたことと嫌なことが結び付いている場合、どうにか「嫌なこと」を回避しようとして激しく逃げてしまいやすくなります。

3.遊びの1つ

追いかけっこする子猫たち

猫同士では「追いかけっこ」で遊ぶこともある

猫同士ではよく「追いかけっこ」をして遊びます。どちらかが追いかけどちらかが逃げ、その後取っ組み合いに繋がったりしています。猫の遊びは「狩りごっこ」なので、獲物を追うのと共に追いかけられるスリルも楽しんでいると考えられます。飼い主さんにちょっかいを出した後で逃げる様子を見せ、飼い主さんを追いかけっこに誘う猫ちゃんもいます。

追いかけっこは愛猫が望んでいるタイミングで興奮させ過ぎない程度に

猫ちゃんが飼い主さんとの追いかけっこを望んでいる様子であれば問題ありませんが、猫は気まぐれな一面もあるので気分が乗らない時に追いかけてしまうとストレスを与えてしまう恐れもあります。追いかけっこで興奮しすぎてしまう危険もあるため、猫ちゃんの気分を良く読み取って楽しむようにしましょう。

まとめ

すっと両手を伸ばした猫

猫は捕食者でありながら基本的に臆病なので、追いかけられる状況に恐怖を感じやすいということが猫を追いかけると逃げる大きな理由です。過去に追いかけられた後で嫌なことが起こった経験があると、より一層追いかけられることにストレスを感じやすくなります。

愛猫を捕獲して爪切りをしたり病院へ連れて行かなければいけない時もありますが、追いかけるとかえって捕獲しにくくなりストレスを与える恐れがあります。猫ちゃんを捕獲したい場合は無理に追いかけず、ゆっくりとさりげなく近付く方が捕獲しやすくなります。

一方で、猫は追いかけっこをして遊ぶこともあり、飼い主さんにちょっかいを出してから逃げるようにして追いかけっこに誘う猫ちゃんもいます。追いかけっこで興奮しすぎてしまう子もいますので、猫ちゃんの様子を見ながら楽しむようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク