猫がいろんな所に体を擦り付ける理由3つ

猫がいろんな所に体を擦り付ける理由3つ

猫の特徴的な行動といえば、体を擦り付ける「スリスリ」ではないでしょうか。家具や壁、飼い主さんにスリスリする姿はとてもかわいいですよね。なぜ、体を擦り付けるのか、その理由をまとめました。

1158view

1.自分のニオイをつける

柱に顔を擦り付ける猫

猫は縄張りをもつ生き物で、縄張りの中に自分のニオイがあると安心します。

猫がスリスリするのは、体から出るニオイをあちこちに擦り付けて、縄張りを自分のニオイでいっぱいにしようとしています。猫は自分のニオイがあると安心し、とてもリラックスできます。そのため、知らないニオイや不審なニオイがするときは自分のニオイをつけます。

例えば、飼い主さんが外出から帰ってきたとき、飼い主さんがお風呂から出てきたときなどに、ニオイチェックをして、スリスリをして自分のニオイをつけるんです。お客さんに対してもスリスリすることもあります。

また、お気に入りの場所や物にも体を擦り付けることもします。例えば、飼い主さんになでてもらって嬉しかった、そのときにいた場所に体を擦り付けます。飼い主さんにスリスリするのは「飼い主さんは自分のもの!」という意味もあります。

猫が体をスリスリしてつけるニオイは「フェイシャルフェロモン」と呼ばれていて、このニオイがついた場所では排泄をあまりしません。このニオイは、人工的に作られて猫を落ちつかせるために使ったり、トイレ以外での排泄をさせないようにしつけで使われたりもしています。

2.あいさつ

体を擦り付け合う猫

仲良しな猫同士は、体を擦り付けてあいさつをすることがあります。

我が家の猫たちも、たまにですが体を軽くスリっと擦り付けてすれ違うことがあります。飼い主さんに対しても、軽く体をスリスリさせて通り過ぎることもあり、これは「飼い主さんは仲間」だと猫が思ってくれているサインです。

3.甘えたい、お願いがある

人の顔に頭をつける猫

なでてほしい、抱っこしてほしい、自分に注目してほしいなど、飼い主さんに甘えさせてもらおうとするときに、スリスリをしてアピールします。

過去に、飼い主さんにスリスリしたら良いことがあったと学習している場合もあります。喉をゴロゴロ鳴らしてスリスリされたら、可愛くて猫の言うことを何でも聞いてあげたくなってしまいますよね。

甘え以外にも、ごはんがほしい、遊んでほしい、トイレをきれいにしてほしい、ドアを開けてほしいなど、飼い主さんにしてほしいことがあるときも、体を飼い主さんや近くの家具などにこすりつけてお願いをします。我が家の猫たちも、お腹が空いたときはあちこちに体を擦り付けてアピールしてきます。

まとめ

頭をくっつける2匹の猫

猫が体を擦り付けるのは、体から出ているニオイをつけて縄張りをアピールしたり、縄張りの中を自分のニオイで満たすためです。自分のニオイがあることでとても安心できるからです。

仲の良い猫同士や、飼い主さんにはあいさつとして体を擦り付けます。また、お願いがあるときにもスリスリします。

愛猫がどんなときに体を擦り付けているのか、猫の気持ちを知るために日ごろから観察してみましょう。

スポンサーリンク