猫が『異常に餌を欲しがる』5つの理由と対策

猫が『異常に餌を欲しがる』5つの理由と対策

さっきご飯を食べたはずなのにまた催促…。たくさん食べているのになぜか異常に餌を欲しがる時、どんな理由が潜んでいるのでしょうか?対策と合わせてお伝えします!ぜひ読んでみてください。

1715view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.量や栄養が不足している

ご飯

猫が異常に餌をほしがる理由として考えられるのが、量や栄養が足りていないということ。一度猫の体重や年齢、健康状態などに合ったご飯を与えているか確認してみてください。

通常は市販されているキャットフードを与えていれば猫が異常に餌を欲しがるほど、栄養が大幅に不足することはありません。もしかしたら「総合栄養食」という猫が常食するものではなく、「一般食」や「間食」を与えてしまっている可能性もあります。

愛猫に合ったご飯を与えているかどうかを一度しっかりチェックしてみましょう。

2.糖尿病

食べる猫

猫も糖尿病になります。必要な糖分が吸収・利用できず体内が飢餓状態になってしまうため、よけいに食欲が増すことがあるのです。糖を分解して体内で利用するには、インスリンが必要なのですが、その働きが弱まるので糖が吸収できず血液中に過剰になってしまうため、尿の中に出てきてしまうのが糖尿病。

糖を利用できなくなる為その代わり、脂肪を分解してエネルギーを得ようとします。脂肪を利用するとケトン体という体にとって毒になる物質が発生しますのでますます体調不良が起こります。

糖尿病の場合、食べても食べても痩せていきます。愛猫の食欲と体重をマメにチェックするようにすると良いでしょう。

愛猫を糖尿病にしないためには、肥満にさせないことが大切です。ただ、肥満ではなくても糖尿病にかかることはあります。

もう一つの予防策としては、なるべくストレスのない環境を整えることです。心がけてあげてください。

3.甲状腺機能亢進症

狙う猫

シニア猫がかかりやすいのが、甲状腺機能亢進症。喉の辺りにある甲状腺から、代謝を活発にするホルモンが過剰に分泌されてしまう病気です。

その為、初期は動きが活発になり食欲が増加します。ただいくら食べても痩せてしまいます。シニア猫が急に元気になったら、この病気を疑った方が良いでしょう。

残念ながらこの病気の予防法はありませんので、定期的に血液検査を行う必要があります。定期検診時に一緒に受けるようにすると良いでしょう。

4.認知症

老猫

猫にも認知症があります。人間と同じで、ご飯を食べたのにまた食べようとすることもあるのです。愛猫が高齢の場合は注意しましょう。

他にも家の中で迷う、飼い主さんが分からなくなる、攻撃性が出る、睡眠の変化、粗相などの変化が現れることが多いです。

愛猫の行動をしっかりと観察し、もし疑いがあれば獣医師に相談してください。

5.甘えている

おねだり

以前に可愛く甘えておねだりした際に、飼い主さんが餌をくれたことが病みつきになってしまった可能性があります。構って貰えた!という嬉しさと、ねだれば貰えるんだと覚えてしまったのでしょう。

この場合はいくら猫が上目使いで可愛くおねだりしてきたとしても、1日の量を超えてしまうのなら与えてはいけません。肥満の原因となってしまいます。

まとめ

ご飯を狙う猫

猫が餌を異常に欲しがる場合は体に異常が起きていることが多いです。元々何度にも分けて食事をする傾向がある動物なので、どのくらい食べているのか総量をしっかりと把握しておきましょう。

もし「いつもと違う」と感じることがあれば、早めに獣医師に相談してください。愛猫の健康を守れるのは飼い主さんだけです。しっかりと対策していきましょう。

スポンサーリンク