猫に『名前を覚えてもらう』ための5つの方法

猫に『名前を覚えてもらう』ための5つの方法

猫に名前を付けたは良いけれど、全然覚えてくれない…。せっかく愛を込めてプレゼントした名前をスルーされてしまったら悲しいですよね。一体どうやったら猫は、自分の名前を覚えてくれるのでしょうか?その方法をお伝え致します。

1195view

1.聞き取りやすい名前をつける

猫の耳

まず猫に名前を覚えて貰いたかったら、覚えやすい名前をつけることが先決です。覚えやすい名前とはなるべく短く、濁音が入ったものといわれています。

あまり長いものは猫が覚えにくいですし、飼い主さんご自身も呼ぶ時に大変な思いをしてしまうでしょう。

猫の名前人気ランキングを見ると、2~3文字程度の名前が好まれているよう。一言で呼べる方が呼びやすいですし、猫も覚えやすいのは確かです。

愛猫にぴったり合った名前をつけてあげてください!

2.名前を呼んだ後にご褒美を与える

おやつ

名前を呼んだ後に好物のおやつなどを与えるのも、名前を覚えて貰う方法の一つです。猫は名前とおやつを結びつけるので、覚えやすくなります。

名前が聞こえると「良いことがある!」と条件付けされ、積極的に覚えるようになるでしょう。自分の名前に良いイメージを持つはずです。

3.叱る時は名前を呼ばない

叱られている猫

猫に名前を覚えさせる過程で注意したいのが、叱る時には使わないことです。せっかく持った良いイメージが台無しになってしまいます。

ですから叱る時には「コラ!」「ダメ!」だけにしておきましょう。とはいえついついクセで名前付きで叱ってしまうことがあります。もし猫が自分の名前にネガティブなイメージを持ってしまった場合は思い切って全く、別の名前に変えましょう。

そしてまた一から、新しい名前を覚えて貰うようにすれば良いのです。

4.根気良く呼び続ける

答える猫

猫のしつけには時間がかかります。中々覚えてくれないこともあるでしょう。ですが焦らず根気良く続けていけば必ずいつかは覚えてくれます。

ある研究結果では、特定の飼い主さんがいる猫は比較的自分の名前を覚えているのに対し、猫カフェの猫はあまり覚えていないことが分かりました。

ということは一般家庭の猫は覚えられる場合が多いということです。諦めずに続けて行きましょう。

5.名前を呼んだ後に遊ぶ

遊ぶ猫

猫の名前を呼んだ後におやつを与えるのと同様、遊ぶのもオススメです。やはり自分の名前に対し、良いイメージを持ってもらえるからです。

その他にもスキンシップの際や飼い主さん帰宅時など、猫が喜びを覚えるタイミングで名前を呼んでみましょう。継続が一番の近道です。猫が喜んでいる時、たくさん呼んであげてください。きっと猫の脳裏に、飼い主さんとの幸せな記憶と共に刻みこまれていくことでしょう。

まとめ

モンチちゃん

猫が名前を覚えてくれると嬉しいですよね!きっと飼い主さんと過ごす幸せな時間の中で、自然と覚えていくのだと思います。

大切なのは猫が自分の名前にポジティブなイメージを抱くかどうか。ここがポイントです。ぜひ自分の名前にたくさん、良い印象を持たせてあげてください!

スポンサーリンク