猫が目をつぶる時の心理5つ!眠いだけじゃなかった?

猫が目をつぶる時の心理5つ!眠いだけじゃなかった?

猫はよく寝る動物ですが、目を閉じる行為には睡魔以外にも理由があります。今回は、目をつぶるという行動に隠された猫の気持ちについて触れてみたいと思います。

3708view

眠いだけじゃない!猫が目をつぶる理由

目をつぶる白猫

猫が目をつぶる理由は、睡魔と格闘しているときだけではありません。知れば知るほど奥深い、猫の気持ちを5つご紹介いたします。

1.愛情表現

眠る子猫

猫がゆっくり瞬きをするのは愛情表現です。飼い主さんを心から信頼し、その気持ちをボディランゲージで伝えています。

逆に飼い主さんがゆっくり瞬きをしても、同じ意味として愛猫に気持ちを伝えることができるので、積極的に取り入れてみてください。

2.ウインクも信頼の証

ウインクする猫

飼い主さんの顔を見て、意図的にウインクのように片目をつぶることがあります。これは、飼い主さんとの間にしっかりとした信頼関係が築けている証です。

常にウインクをしたままの場合は怪我の恐れがあるので気をつけてください。

3.ご飯が美味しい!幸せな気分

食事する猫

ご飯を食べながら目を閉じる猫がいます。これは、リラックスしていると同時に満足感が表れています。飼い主さんが用意してくれるご飯が美味しくて、幸福感を感じているのです。

4.無駄な喧嘩を避ける手段

もめる猫

猫同士はよく喧嘩をしている印象がありますが、これは誤解です。猫は極力無駄な喧嘩を回避する努力をしています。

険悪なムードの最中に目を逸らす、あるいは目を閉じる行動に出るとその場が落ち着きます。これは「敵意はない」という意思表示です。

5.部屋が眩しい

目を隠す猫

猫の目は、人間よりも多くの光を取り込める構造になっています。人間には居心地のよい照明でも、猫には眩しすぎることがあるのです。

特に眠そうな様子がないのにも関わらず目をつぶることが多いようであれば、少し照明を控えめにしてあげましょう。太陽光も同様です。眩しそうにしていたら、カーテンで調節してください。

まとめ

リラックスする猫

「目を閉じる」という行動には、猫からのメッセージが込められていました。言葉を話せない分、些細な仕草で気持ちを伝えてくれているのですね。猫同士でもボディランゲージは積極的に使われています。

それを汲み、猫が用いるボディランゲージ(猫語)を取り入れることで、自然と会話が成り立ちます。気持ちが通じ合うことで、お互いに嬉しくなるでしょう。

スポンサーリンク