猫が飼い主を「出待ち」する場所4つとその理由

猫が飼い主を「出待ち」する場所4つとその理由

愛する猫が、瞳を輝かせて待っていてくれたなんてことがありますよね。飼い主さんにとって、「愛おしい」と思う瞬間でしょう。いったい猫が「出待ち」をする場所とは?理由を交えてお伝えします。

1653view

1.玄関

玄関の前で待つ猫

帰宅すると愛する猫が待っていてくれた!仕事の疲れが吹き飛ぶ瞬間ではないでしょうか。

聴覚が優れた猫は、飼い主さんの足音をいち早く察知し、飼い主さんが玄関に辿り着く前に、玄関の前で待つことができます。

猫が玄関で待つ理由は、「遊んでほしい」「トイレを掃除してほしい」など、飼い主さんに対して、何か要望があるからです。

特に、甘えん坊気質の猫は、飼い主さんが帰宅するなり、スリスリしたり、体によじ登ったりと、寂しかった気持ちを体で表現することが多いようです。

2.トイレ

ドアの前で待つ猫

トイレから出ると、猫がドアの前に座っていて、驚いた経験はないでしょうか?

猫は、トイレのドアの前で「出待ち」することがあります。もちろん、飼い主さんにおねだりしたり、甘えたい気持ちがあり、トイレまで追いかけることもあるでしょう。

それ以外にも、流れる水の音がする「トイレ」という空間に興味を持っているのかもしれません。そこで飼い主さんが何をしているのか、気になるのでしょう。

また、トイレットペーパーで遊ぶ猫がいますよね。トイレットペーパーがある「楽しい場所」という記憶があるのかもしれませんね。

3.お風呂

お風呂の前で待つ猫

猫がお風呂の前で、飼い主さんを「出待ち」することもあるでしょう。トイレ同様、流れる水の音に興味を持ったり、飼い主さんが何をしているのか、気になって仕方がないのかもしれません。

我が家の猫は、お風呂の前で待つことがよくあります。私を待ってくれていたのかと思ったら、ドアを開けた瞬間、お風呂の床のぬるま湯を舐め始めました。

このように、水ではない「ぬるま湯」が好きで、飲むために待っているのかもしれませんね。

しかし、お風呂場は危険な場所でもあります。湯船に落ちて、溺れてしまう可能性があるからです。蓋を閉めるか、お風呂場には入れないようにするなど、注意が必要です。

4.寝室の前

ドアの前で待つ猫

寝室のドア開けたら、「出待ち」していたなんてこともあるでしょう。それは、「飼い主さんが起きると、ご飯がもらえる」と猫が学習しているのです。

飼い主さんが起きるまで、ドアの前で「ニャー」と鳴いていることもありますよね。「早くご飯をちょうだい!」とおねだりするために、出待ちしているのです。

まとめ

見上げる猫

いかがでしたか?猫の出待ちにも、様々な感情が表れています。おねだりや、甘えたいという気持ちだけではなく、「寂しい」という気持ちから、出待ちをすることもあります。

飼い主さんは、たとえ忙しくても、短時間でも良いので、遊んだり撫でてあげたり、猫とのスキンシップの時間を作ってあげるよう心がけましょうね。

スポンサーリンク