猫にアルコールタイプの除菌シートがNGな3つの理由

猫にアルコールタイプの除菌シートがNGな3つの理由

猫に汚れがついてしまった場合や猫のグッズを綺麗にする時にアルコール除菌シートを使う事があるかもしれません。しかし猫には大丈夫なのでしょうか?考えてみたいと思います。

1021view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.アルコールはNG

除菌シート

猫はアルコールを分解することができず、粘膜などに付着してしまうと刺激になるので、アルコール除菌シートは猫にはNGです。猫が直接舐めてしまうとよだれを垂らしてしまったり、ふらふらしたりする可能性があります。

アルコール入り除菌シートで猫の身体を拭くのはやめておきましょう。アルコール成分が揮発してしまえば大きな害にはならないかもしれませんが、身体がアルコールで濡れたことを気にして舐めたり、粘膜面につくと悪影響を及ぼします。

猫は自分の身体に違うにおいが付着すると無臭にしようとグルーミングをし、猫が被毛を舐める事で残っているアルコールも体内に取り込んでしまいます。

アルコールの摂取量が多いほど中毒症状が起こりやすくなります。勿論のこと、除菌シートだけではなく人間の飲むアルコール飲料も絶対に与えてはいけません。

人間が手や指を殺菌消毒で使用する際は手が乾くまで待ってから猫に触れましょう。

2.入っている成分

オエッという表情の猫

アルコール除菌シートにはアルコールだけではなく猫にとって危険な成分が含まれている場合が多いです。

カビや雑菌を防ぐための保存料として使われる安息香酸(あんそくこうさん)ナトリウムや、保湿剤として使用されているPG(プロピレングリコール)、香料もよくありません。

自然界にない化学的に作られた成分は猫の身体に良い影響はありません。ノンアルコールシートにも使用されていることがあります。

3.即効性があると危険性も高い

実験室にあるビーカーやシリンダー

除菌シートはアルコールを気軽に利用できる優れものですが、即効性のあるものは危険性も高いことを理解しなければなりません。

菌と共に生活をしている人間や猫などの動物は、身体に常在菌を持っています。動物の身体が健康であれば常在菌は大人しくしています。

しかしアルコール除菌シートを使用する事で皮膚に存在する常在菌が減ってしまうと、かえって常在菌以外の細菌が増えてしまい皮膚炎の原因になることがあります。

まとめ

ビックリする猫

猫にアルコールタイプの除菌シートがNGな3つの理由についてお伝えいたしました。

我々の周りの菌が全て見えたら、私達は恐怖で生きていけないかもしれません。目に見えない物やまだ起こってない事を心配しすぎるのは愛猫にも人間にも良い状態をもたらしません。

猫の身体が汚れたらお湯でしぼったタオルでしっかり拭いて大切な菌まで殺してしまわないようにしましょう。やり過ぎは禁物です!

スポンサーリンク