簡単!愛猫の為にもぐらたたき風のおもちゃをティッシュケースで手作り♪

簡単!愛猫の為にもぐらたたき風のおもちゃをティッシュケースで手作り♪

テッィシュケースとトイレットペーパーの芯はどこのご家庭にでもある物ですよね。すぐにゴミとしてたまってしまうので、何か再利用できなかと考えていたところ、愛猫のおもちゃを作ってみようとすぐに取り組みました!どんな物が仕上がるのか?遊んでくれるのか?とにかくチャレンジしてみましたのでご紹介します。

471view

愛猫の為に作った物

ティッシュケースやトイレットペーパーの芯はすぐに溜まってしまうゴミですが、それらを利用して作れるおもちゃを今回愛猫に作ってみました!

モグラたたきのようなおもちゃが作れたらと思考錯誤した結果、見た目はほど遠いですがゴミの再利用でおもちゃが出来ました。

おもちゃを作るための材料

おもちゃ材料
  • 空のティッシュケース
  • トイレットペーパーの芯 3本
  • 割りばし 1本
  • セロテープ
  • リボン

作り方

作り方はとてもシンプルで、トイレットペーパーの芯の中に入れた割りばしの先にリボンを付けて、その割りばしを出し入れして遊ぶだけです。イメージしたのはゲームセンターなどにあったモグラたたきです。

1.トイレットペーパーの芯を固定

割りばし利用

テッィシュケースの表にトイレットペーパーの芯を3本入れてテープで固定します。トイレットペーパーの芯が動かないように、芯の両端をテープで固定します。

2.割りばしをつける

裏面

ティッシュケースの裏面からは、3本の芯の真ん中あたりに穴をあけ割りばしを入れます。穴が大きすぎると割りばしが安定せず不安定になるので気を付けましょう。

3.完成!

リボン

ティッシュケースの表の割りばしの先にリボンを付けて、上の写真のようになれば完成です!

愛猫に完成したおもちゃを見せてみると!

ガン見

完成したおもちゃを愛猫の目の前に置いてみると、何やら「ジッ」と見て反応がありません。元々あまり好奇心がないのと弱視もあり理解するのに少し時間がかかるみたいです。しかし、音が出る物にはもう少し反応が早いので、割りばしを出し入れしてみました。

そうすると、割りばしの出し入れの音とリボンの動きを感じたようで、前脚を出してリボンに触ろうとしていました!これは成功です!

我が家の高齢猫に試しても、シンプルで仕掛けが分かってしまうのか、ピクリとも反応がありませんでした。でも、この子はまだ遊んでくれたので作った甲斐がありました。猫ちゃんは頭がいいのでいつ飽きられるか分かりませんが、それまでは遊んでもらいます。

まとめ

遊ぶ

ティッシュケースは上の部分を切り取って、引き出しの中の小物の仕切りなどに利用した事はあったのですが、今回は愛猫にモグラたたきふうおもちゃを作れて良かったです。

おもちゃの見た目は可愛くないですが、興味を持って遊んでいる愛猫の姿が可愛くて、それだけで満足です!今後は見た目も可愛いおもちゃを作ってあげられるように、腕を磨いていこうと思います。

スポンサーリンク