猫が気に入る『最高のトイレ』の特徴とは?

猫が気に入る『最高のトイレ』の特徴とは?

人間の都合や利便性ではなく、猫が求める理想のトイレとはどのようなトイレなのでしょう。今回は、完全に猫の目線で考える「最高のトイレ」についてご紹介いたします。

2603view

猫ファーストなトイレとは?

顎乗せする猫

猫のトイレというと、ついつい人間の都合や利便性を考えてしまいがちです。愛猫の本音が気になることがあるかもしれません。

猫が気に入る「猫ファースト」なトイレとはどのようなものなのでしょうか?その特徴をいくつかご紹介いたします。

オープンタイプの箱型トイレ

猫のトイレ

トイレのタイプも様々なものがあります。中でも猫に人気なものは、昔からあるオープンタイプの箱型トイレです。

そして、システムトイレよりも普通の砂を敷きつめるタイプのほうが好まれる傾向にあります。理由は臭いがこもらないことや、より自然に近いことなどが挙げられます。

体長の1.5倍の大きさがある

トイレに座る猫

狭いトイレではうんちがはみ出してしまったり、方向転換ができずにストレスを感じてしまうなどの不都合があります。

これらを予防する理想として、体長の1.5倍の大きさが良いとされています。愛猫の成長に合わせて新調することをおすすめします。

ダントツ人気は鉱物系の砂

砂に触れる猫

砂の種類も多くて悩みどころでしょう。猫たちに1番人気があるタイプは鉱物系の砂です。これも、より自然に近いことから安心感を得られることが理由になります。

砂は多めに敷き詰めることがコツです。深く掘れる、たっぷり砂をかけられることが猫の理想です。

鉱物系の砂を選ぶ際は、粒子が大きめで粉が舞いにくいものが良いでしょう。

猫の頭数+1個の数を用意する

仲良しの猫たち

猫は縄張り意識が強い動物です。こまめに掃除をしても、大きさを工夫しても、やはり多頭飼育の場合は1個では足りません。

猫たちの相性にもよりますが、最低でも猫の頭数より1つ多くトイレを用意しましょう。

人目につかない静かな場所にある

戸惑う猫

猫はトイレを見られるのが恥ずかしいという感情はありません。それよりも無防備なので怖いという心境が優ります。

トイレの場所は人の出入りが少ない静かなところが良いでしょう。食事を摂るスペースから離れた場所に置くこともポイントです。

猫には居住スペース・食事を摂る餌場・トイレと大まかに3つのテリトリーを持っています。野生の本能が強い動物なので、これらを意識することがストレス軽減に繋がります。

トイレが汚いと病気になるってホント?

顔を隠す猫

猫は、トイレを汚くしていると病気になると耳にすることがあるでしょう。これは概ね本当です。猫はにおいに敏感なので、臭いが残るトイレを使うことを嫌がります。

人間同様にトイレを我慢すると膀胱炎になります。さらに腎臓病や尿路結石などの要因にも繋がります。

そして、猫は粗相をすること自体が稀です。愛猫が粗相をしてしまったら、トイレに不満があるか体調を崩している可能性があります。

猫の健康のためにできることは、トイレを清潔に保つことです。猫の場合、掃除をしすぎて困ることはないほどです。1日に最低でも3~4回は掃除することを心がけましょう。

まとめ

寛ぐ猫

猫が喜ぶトイレの特徴を紹介させていただきました。利便性を追求したトイレや砂が増えていますが、やはり自然界に近いものが猫には好まれるのかもしれません。

猫は家猫であっても半分は野生動物のような生き物です。トイレを選ぶ際は、飼い主さんの生活環境と、猫の好みの調和が取れたものを探してみてください。

スポンサーリンク