猫が寝ている飼い主の顔に乗っかる理由5つ

猫が寝ている飼い主の顔に乗っかる理由5つ

寝ていたところ何となく苦しさを感じると思ったら、猫が顔の上に乗っていた、ということはありませんか?なぜそんなところに乗ってくるのか…。その理由を調べてみました。ぜひチェックしてみてください!

2043view

1.甘えん坊

甘えん坊猫

甘えん坊な性格の猫は、飼い主さんの顔の上に乗る傾向があります。きっと子猫気分のままなのでしょう。飼い主さんを母猫のように思っていてベタベタしたいのです。

不妊手術を受けると猫は子猫の性格のままになるという話があります。ですから飼い主さんの顔の上に乗って甘えているのです。そのまま寝てしまうこともあるようですので、窮屈な思いをすることがあるかもしれません。嬉しいけれどちょっと困る、猫の行動です。

2.起きて欲しいから

飼い主が起きるのを待つ猫

飼い主さんに起きて欲しいので、わざと顔の上に乗る場合も。お腹が空いた、遊んで欲しい、トイレ掃除して欲しいなど理由は様々でしょう。

猫は中々にして時間に正確な動物でもあります。飼い主さんがいつもの時間に起きないと「起きる時間だにゃん」と起こしてくれることもあるでしょう。天然の猫目覚まし時計に起こされるなんて、ちょっと幸せではありませんか?

3.安心感

安心する猫

飼い主さんの顔の上に乗るという安心感を覚えてしまったのかもしれません。信頼している存在にくっつくのはホッとするのでしょう。

顔の上に乗るのは、飼い主さんへの依存度が高いといいます。何かがあった時は守って貰える、という気持ちも強いのでしょう。顔の上にどかっと乗られていると身動きが取れませんが、その状態でどのように敵襲から守れというのでしょうか?ハードな修行になりそうです。

4.寝返りに巻き込まれないように

ベッドの中の猫

飼い主さんの寝返りが激しく、巻き込まれないために顔の上に乗っているという可能性もあります。うまく避けているのでしょう。子猫の場合は寝返りによって潰してしまうことがあるので、一緒に寝るのはあまりオススメできません。

できればある程度大きくなってから、寝るようにしてください。成猫になれば自分で危険な時は回避することができるので大丈夫です。その回避行動が「飼い主さんの顔の上に乗る」ということなのでしょう。

5.習慣化している

くつろぎ

飼い主さんの顔の上が定位置となってしまっているのです。いつもそこでリラックスする、または寝るようになっていませんか?いつからついてしまった習慣かは分かりませんがそこが快適と判断したのでしょう。その結果、定位置になってしまったのです。

猫お気に入りのクッションにされてしまった飼い主さんとしてはたまったものではないかもしれませんが、これも運命です。受け入れましょう。

まとめ

つくねくん

寝ている時に愛猫が近くにいてくれるのはとても幸せです。でも顔の上って…と思うこともあるでしょう。成猫となればそれなりに重さがありますので、苦しい思いをすることがあると思います。猫をどかすかそのまま我慢するのかは飼い主さん次第です!

スポンサーリンク