猫に与えてはいけない『水』とは?

猫に与えてはいけない『水』とは?

猫に与えて良い水に関してみなさんはどれくらいご存知でしょうか。たくさんお水の種類がありますので、是非把握しておいて下さい。

5726view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫と水

水を飲む猫

猫が生きる上で水は欠かせません。しかし今、人間の世界では多くの種類の水が存在します。

猫には全ての水が大丈夫なのか、それとも与えてはいけない水があるのかを調べてみました。

毎日の生活に欠かせないからこそ気をつけておきたいポイントでもありますので、あまり猫と水の問題については詳しく知らなかったという人はぜひ読んでください。健康で長生きしてもらいたいからこそ、気をつけていきましょう。

水道水

水飲む猫

まず猫に水を与えようと考えた時に、真っ先に飼い主さんが思い浮かべる水が「水道水」ではないでしょうか。

トリハロメタンや塩素といった成分が水道水に含まれていないか心配だという声も多いと思うのですが、日本の水道水に関しては管轄する厚生労働省の基準をクリアした安全性の高い水なので大丈夫と言えます。

そのまま飲み水として新鮮なものを与えてあげましょう。もちろん浄水器をつけている家庭でもそのまま与えて問題ありません。

その他、猫によっては常温ではなくぬるま湯が好みだったり、氷水が好きといった好みがある場合もあります。基本は常温で与えることが望ましいのですが、下痢や軟便をしないのであれば与えても大丈夫です。

ミネラルウォーター

水と遊ぶ猫

ミネラルウオーターにもさまざまな種類があります。硬水、軟水などがありますが、含有されているミネラルの量などで分類されています。ミネラルが多く含まれていると処理できずに体内に蓄積してしまい結石の原因になることがあります。また、下痢の原因になる可能性もあります。

ミネラルウオーターを飲んだからすぐに体調不良の原因になることはありませんが、日常的に猫に与えることはお勧めできません。

ウォーターサーバーの水

海と猫

最近では、ご自宅にウォーターサーバーを設置しているご家庭もあるかと思います。その水はどうなのかという意見があるのですが、基本的には猫に与えても大丈夫です。

しかし念のため、どのような種類の水を使用しているのか、メーカーに確認してから与えるのがベストでしょう。

ウォーターサーバーの注意すべき点は、きちんとメンテナンスがなされている事が前提、ということです。連結部分などで細菌が発生してしまうと、猫が汚染された水を飲んでしまう危険性があるからです。くれぐれもメンテナンスはこまめにすることを心がけてください。

まとめ

水を飲む猫

猫にとって与えて良い水が大半ではありますが、何よりも気をつけるべきは新鮮な水であるかどうかです。

埃や被毛が入ったままの水ではよくありませんので、飼い主さんはこまめに交換するようにしてあげましょう。

スポンサーリンク