猫がフードを食べて『まずい』と思っている時の仕草4つ

猫がフードを食べて『まずい』と思っている時の仕草4つ

猫にはグルメな子も多数存在します。もし愛猫がフードを「まずい」と思っていたとしたら…どんな反応をするんでしょうか?本記事では猫がフードを「まずい」と思っている時の仕草や行動についてご紹介したいと思います。

4057view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.口を開けて舌を出す

まずそうな顔の猫

猫がフードを食べて「まずい!」と感じた時にしてしまう仕草がこれです。まるで吐き出すような仕草で「まずい」ことを表現しています。

人間も苦手な食べ物や美味しくない食べ物を前にするとこうなってしまうことがあるかと思いますが、猫も同じなんですね。

せっかく用意したご飯を前にこれをされると「なんで!?」と思ってしまうかも知れませんが、猫にもフードの好みがあり、食べ飽きることもありますよね。

好みの問題なので仕方ないですが、少しでも美味しく食べてもらえるように猫用のふりかけなどを用意するのもいいかもしれませんね。

2.食べない

食べない猫

猫が「まずい」と感じたり食べ飽きたフードはニオイだけ嗅いで食べないこともあるようです。

我が家の猫の1匹も、食べ飽きたフードや好みでないフードを出された時はニオイだけ嗅いで「またこれか…」と言いたげに去っていきます。

猫の中にはグルメで好き嫌いの多い子もたくさんいるので、それだけ様々なフードも売られていますが…自分の家の猫がどれを気に入るかは買ってみないと分からないので、フードジプシーになってしまう場合も多々ありますよね。

新しいフードを試す時は、食べなかった時のことも考慮して少量のものから購入するといいかもしれませんね。

3.別のものが欲しいアピールをする

アピールする猫

猫の中にはまずいフードは食べたくない、でもお腹が空いた…といった時に「別のをちょうだい!」と飼い主さんの顔を見てアピールする子も存在します!

特にグルメな子の中にこういったアピールをする子が多いようで、飼い主さんのほうもフードを何種類かストックしておいてローテーションで出す方もいらっしゃいます。

とは言え、フードが1種類しかない場合に「別のをちょうだい」と言われても困ってしまいますよね。工夫して食べてもらえるようにすることも必要かも知れません。

キャットフードを食べない問題は、飼い主さんの悩みの上位にランクインされているのかも!?

4.フードを無視する

無視する猫

キャットフードもニオイの強いものは、猫が近づかなくてもどんなものか感知できてしまうものがありますよね。好みでないニオイがした時にはフードに近づいて来てくれない猫もいるようです。

「これを食べるくらいならご飯なんていらない!」と言わんばかりにフードを無視する猫…頑として食べない姿勢に飼い主さんのほうが根負けしてしまうこともあるでしょう。

食にこだわりのある猫は多いと思われますので別のフードを模索する手もありますが、療法食など「どうしてもこれを食べてもらわないといけない」場合には頭を抱えてしまいそうですね。

アレルギーなどを持った猫の場合も食べられるものが限られてしまうので、好き嫌いが多いと飼い主さんも「どうしたらいいの!?」と悩むこともあるかもしれません。

まとめ

フードを食べる猫たち

猫がフードを「まずい!」と思っている時の仕草や行動についてご紹介しましたが、キャットフード問題は猫飼いさんにとっては深刻な悩みになることもあるでしょう。

好き嫌いなく食べてくれる猫も多く存在しますが、すぐに飽きてしまったりこだわりを持っている子だと大変ですよね。

少しでも美味しく食べてもらう方法として、温めたり、ふりかけを使ってみたりするのもいいかもしれません。

愛猫ちゃんの楽しみの一つでもある食事、できることなら少しでも美味しく食べてもらいたいですね!

【獣医師の補足】

フードの好みにうるさい猫ちゃんたちの場合、フード選びに難儀すると思います。新しいフードにどんどん変えていくと、最終的にどれも食べないとなってしまうと困ります。こだわっているのは、「味」「香り」「形」「硬さ」のどれなのかを見極めるのもフードジプシーにならないコツといえるでしょう。数種類のフードをローテーションして、工夫しましょう。

獣医師:平松育子

スポンサーリンク